書籍情報

「合格者偽装」?

投稿日:2007年7月26日 カテゴリ:今、ガブッと教育

大阪の学芸高校が、1人に73校も出願させて、その合格実績を「偽装」していた。問題点は何か。

  • ① 結果としての複数合格
    のべ人数の発表は昔から公私を問わずどこの高校でも行われており、いわば“常識”。
  • ② 当該校の問題点は
    • 系列校でも7人で178人分合格にするなど「水増し」(?)発表、「合格者偽装」行為が学校の評価を上げるために目的化していたこと。学校の方針化
    • センター入試の信頼性と利便性を悪用
    • 受験料の学校負担に加え「激励金」5万円や腕時計まで贈っていたこと
    • 対象大学は「関・関・同・立」のいわゆるブランド大学に限定していたこと
    • 保護者や生徒には公表されていなかったこと
    • 高校教育の本来の目的を忘れ、予備校化し、教育者としてのモラルも崩壊していること
    • 数値目標を出し、担任に競わせていたこと
    • 本来の進路指導からはずれており、生徒を単なる「合格ロボット」としてしか見ていないこと
  • ③ 背景と教訓
    • 08年度の「大学全入時代」を迎え、大学も「二極化」が激しく、ブランド大学志向が強まる中での高校生や親の高校に求める「本音」
    • 従ってベネッセのホームページでも当該校は「成果」を上げている高校として「高く評価」されている。全国的にもそういう意味では、よく知られた高校。いわば「モデル校」である
    • 教育に「数値目標」を持ちこみ競争させると必ず教育の理念が揺らぎモラル崩壊。教育崩壊へとつながる。足立のある小学校における学力テスト不正事件と同根である。この小学校もベネッセはHPで高く評価しているが―
    • 今後はカッコ付きで実数も表記してはどうか

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。