書籍情報

モンスターペアレントとは何か

投稿日:2007年7月30日 カテゴリ:今、ガブッと教育

まるで“怪物のような親”として今、メディアで話題のモンスターペアレントとは何?

1.「理不尽な学校への要求」をしてくる親のこと

2.関西では「困った親」「イチャモン親」ともいう

2002~2003年のころから、とくに大阪から発信された

3.夫婦ともモンスターの場合“ダブルモンスター”という

4.5種類に分類できるのではないか

① 「わが子中心モンスター」=アルバムにうちの子の写真が少ない/学芸会の主役をやらせろ/クラスに気に入らない子がいる。別のクラスにしてほしい など-過保護、過干渉。何でももわが子中心
② 「ネグレクトモンスター」=呼び出しに応じない/日曜夜の10時に家庭訪問の要求/朝ご飯も食べさせない/遠足の弁当を作らないなど-放任状態が特徴
③ 「ノーモラルモンスター」=夜中の12時、1時にでも担任に電話をしてくる/深夜にメールを送信してくるなど-親自身の生活のくずれから正常と不正常の区別がつかない。消費至上主義社会の影響か。24時間サービス社会への慣れなのか。
④ 「学校依存モンスター」=朝起きないので毎朝起こしにきてほしい/共働きなので保健室で休ませてほしい(学級閉鎖の時)など-本来、家庭でやるべきことを学校に依存
⑤ 「自己権利主張モンスター」=ケータイをとりあげた日数の分、日割り計算で料金を返せ/休んだ1週間分の給食費を返せ/給食を頼んだ覚えがないので料金は払わない(=給食費未払い)など
-権利を主張

5.急増の背景は何か<2つの変化と社会性の欠如>

A.学校側の変化:

① 権威の喪失←親の高学歴化、学校外教育の充実、情報知識社会化
② 学校の商品化←学校選択の自由制度が保護者を消費者化した。
学校は毅然と対応できない

B.親の側の変化:

① サービス過剰社会における成育歴と生活
(消費者は王様/お客様は神様)
② 地域コミュニティの崩壊とメール文化⇒グルーピング&攻撃性強化を加速化(公園デビューのメール化)

C.両者の共通性:

① 多忙化/「選択と集中」の新自由主義思想の浸透(結果責任)
② 社会性の欠如
③ コミュニケーションスキルの低下(←メール)

6.克服のために-対症療法では「教師力」「人間力」を落とす

A.学校:

① 受容(受けとめ)と毅然とした姿勢の両立
(ものごとの価値判断を示し、 学校の方針を伝える)
② 日常的に親とのコミュニケーションを強化する

B.親:

① 学校にできるだけ顔を出す
② 親同士のコミュニケーションを大切にする

C.社会:コミュニティー論、未来社会学の観点から

※教育再生会議が提案する「学校問題解決支援チーム」での解決はリアリティに欠け、難しい。
「教師力」「人間力」を喪失する危険あり

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。