書籍情報

子どもは、未来に向かって生きるもの

投稿日:2007年8月21日 カテゴリ:今、ガブッと教育

学校の耐震化やいじめの深刻化などが問題になっている中で、学校の「安全」が強く求められています。
最近のいじめは、携帯電話による「いじめメール」など、方法と質の変化という大きな特徴があります。京都大学大学院と全国高等学校PTA連合会が行った調査では、携帯電話のメール送信数が1日に41回以上の生徒は、5回以下の生徒に比べて男子で1.7倍、女子で1.4倍もいじめの加害者になる割合が高いという結果が出ています。
問題に積極的に取り組む学校も多くあります。神奈川県のある学校では、「携帯電話の電源を切る」などのルールのほか、「画面の向こうには、心を持った人間がいること」「メールに書いた言葉にも、責任を持つことなどの情報リテラシーを、PTAと共同で子どもたちに伝えています。このような取り組みが、子どもたちに自らを守る術を与え、「心の安全」を保障することにつながるのです。
また、子どもたちにとっては、学校は「先生」そのもの。友達関係ももちろん大事ですが、それを安全に確保するのが先生の役割です。何かがずば抜けてすごい先生ではなくても、一人ひとりの気持ちを大事にし、子どもの目線に立てる先生を、子どもたちは求めています。

先生や仲間がくれる「勇気」が大切

私が教員をしていたころ、よく忘れ物をする子がいました。どうして忘れたのと聞いたら、「先生、今日は手のひらに『習字道具』って書いて、前の日に準備して玄関に置いておいたのに、忘れちゃった」としょげるのです。そのとき、その子を叱る前に、「がんばったね。その努力が大事なんだよ」と褒めてあげると、忘れ物チャンピオンだったその子が、その後忘れ物をしなくなったんです。
できない子の気持ちをクラスの仲間が共有して、あたたかい眼差しを向けてくれたとき、不思議と、できないことができるようになるんです。仲間を信頼し、勇気が出るからです。
子どもは、未来に向かって生きるもの、そのために必要な力は「希望」です。大人の役割は、子どもの視点に立って、子どもたちが希望が持てるように導くことだと思います。

【子ども応援便り2007夏号、専門家インタビュー】

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。