書籍情報

“愛”は身体で表現

投稿日:2007年8月1日 カテゴリ:エッセイ

「あー、危ない!」
期せずして、発せられた数人の声。
私も、右手を差し出しながら、思わず一歩前へ踏み出していた。

つい最近の東京駅ホームでのことである。
まだ2歳になるかならない、よちよち歩きの、かわいいパーマ姿の女の子が、ホームべりにある黄色の誘導ブロック上にノコノコと出てきたからだ。

「お母さんは?」次の瞬間には、誰しもそう思ったに違いない。ところが「すぐに手を延ばしても届かないような、すぐ後ろ」に、何事もなかったかのような涼しい顔つきで、母親がつっ立っているではないか。

声を上げた大人だけではなく周囲の人たちも当然、母親がびっくりして
「○○ちゃん! 危ないでしょ! ちゃんとお母さんの手を握ってなきゃ」
と、叫びながらかけ寄って、わが子を抱き上げる。そして厳しく叱咤するものとばかり信じていた。

ところが、二度びっくりである。

母親は、何のアクションも起こさなければ、声一つ発しなかったのだ。子どもはといえば、相変わらず黄色の誘導ブロックの上にゆらゆら、つっ立ったままである。

「列車が入ってきたら、あおられて危ないのに―」。
初老の夫婦が、ハラハラしながら眉をしかめて不満顔。まだ、いつでも飛び出せる身構えを崩していない。実家にでも帰っていたのだろうか、母親の左手には布製の大きな手さげ袋。

入線のアナウンスが流れると、ようやく母親は空いている右手で、わが子の上着をつかんで自分のそばに引き戻した。

周囲の大人たちは、それを見て、やっと自分の世界に戻った。ホッと安堵の空気が流れた。とたんに、赤い電車がホームにすべり込んできた。

この間、わずか1分足らず。しかし私には、10分、20分もの緊張を強いられたような“疲れ”。何よりも激しい“憤り”を感じていた。
なぜ子どもの手をしっかりつなぎ、危険から身を守る母の姿と愛を伝えないのか。パーマをかけて、人形扱いのネコかわいがりをしている場合ではあるまい。

電車が動き始めると、急に私は悲しくなった。

(ないおん8月号)

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。