書籍情報

東京新聞(11月21日付・茨城版)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2007年12月3日 カテゴリ:コメント

小中高校内暴力 前年度1・5倍増 1417件

2007年度に県内の小中学校、高校の児童や生徒が校内で起こした暴力行為は1417件で、前年度の約1.5倍に増えたことが20日、文部科学省の調査で分かった。とりわけ中学校が前年度より約8割多い1122件で、増加傾向が目立った。県教委は「一部の学校の生徒が暴力行為を繰り返した」などと分析している。

【尾木直樹のコメント】
ストレスの源を考える必要ある

茨城では高校進学のための内申書を厳密につけており、中学での暴力行為の発生にはかなりブレーキがかかっていたはず。その抑制が突破されたということは、事態はかなり深刻だ。子どもの忍耐力や家庭のモラルのせいにする意見が聞かれるが、全く逆だ。むしろ子どもはずっと我慢を重ねてきたとみるべきであり、ストレスの源が何かを考えなければならない。昨年から始まった全国学力テストの影響や入試システムの変化、不況による両親のイライラした態度など、さまざまな要因を考える必要がある。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。