書籍情報

日本経済新聞(4月11日付・大阪)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2008年4月17日 カテゴリ:コメント

親の無理難題 教師に手引書

学校に無理な要求や理不尽な苦情を寄せる保護者に適切に応じようと、大阪市教育委員会は10日、教職員マニュアルをまとめた。実際にあった“要望”と有効な手立てを紹介し、小中学429校の全教員に配る。地域のつながりが薄れ、不満のはけ口が直接教師に向くようになったとみる専門かも多く、「日ごろから対話を積み、信頼を深める相互理解が大切」という声も出ている。

【尾木直樹のコメント】
地域含め日ごろから対話を

金銭を絡めて抗議する親が登場するなど、交渉が難しくなる事例が増えている。石を投げて小学校のガラスを割った児童側に、学校が半額の弁償を求めると、保護者は「石がある学校が悪い」と主張。「(抗議するために)仕事を休んだので賃金補償してほしい」と要求した例もある。
ここ数年、教師の仕事ぶりや学校自体を評価する動きも広がり、若手の教師の中には“減点”を恐れて学年主任らに相談できないまま問題が深刻化することもある。学校側と保護者、地域が普段から話し合って理解を深めるという基本的な手法しかない。教員の増員や1学級当たりの人数を減らし、学校現場の「向き合う時間」を充実させることが大切。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。