書籍情報

朝日新聞(5月16日付・青森版)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2008年5月23日 カテゴリ:コメント

傷害容疑で中3逮捕

青森署は15日、青森市内の中学3年の男子生徒(15)を傷害の疑いで逮捕した。調べによると、生徒は8日午後1時ごろ、市内の中学校の廊下で担任の男性教諭(38)の胸ぐらをつかむなどし、右足をけって5日間のけがを負わせた疑い。生徒は、複数の教師への暴力を繰り返していたという。県警は「暴力がエスカレートしたり、再犯の恐れがあったりするので逮捕した」としている。

【尾木直樹のコメント】
今後のケアが重要

学校の努力だけでは再生の兆しがない時には、逮捕という選択肢もあり得るが、その子の恨みを買ってしまうと、学校に戻ってきた時に再び非行に走る可能性がある。今後のケアが非常に重要。担任や校長が面会に訪れ、保護者とも連携し審判や裁判にも出て、「見捨てていない」という教師の思いを伝えるべきだ。「警察に任せた」という考えでは失敗するだろう。逮捕は学校が生徒や保護者と信頼関係を築く始まり。これを乗り切れば、学校自体が教育力をつけるステップになる。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。