書籍情報

岩手日報(5月20日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2008年5月21日 カテゴリ:コメント

岩手大が教員相談室

岩手大は、県内小中高教員の心の悩みに対応するため、本年度内に「教員相談室(仮称)」を開設する。校長OBや臨床心理士らが電話や面接で相談に応じ、問題解決の糸口をアドバイスする。業務の多忙化、保護者への対応などで精神疾患による教員の休職者数(公立小中高)は2006年度、県内では61人と過去最多。職場と直接つながりのない大学が運営することで、悩みを打ち明けやすい環境を整え、教員の「駆け込み寺」のような位置付けを目指す。

【尾木直樹のコメント】

(精神疾患の増加など)昨今の状況は教員個人の資質というよりも、人事考課、学力向上への圧力、保護者のクレームなど、取り巻く環境が厳しいことがある。考課制度で疑心暗鬼に陥り、中まで相談し合えないなど「同僚性」も失われている。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。