書籍情報

毎日新聞(5月3日付・福岡)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2008年5月13日 カテゴリ:コメント

NEWSフロントライン:仕事、金なく暴走

茨城県土浦市の8人殺傷事件が起きた3月23日から、わずか1カ月間に岡山駅・男性突き落とし事件▽福岡・女性連続殺傷事件▽鹿児島・タクシー運転手刺殺事件が相次いで発生した。いずれも容疑者は10~20代。面識のない人を通り魔的に襲撃し「誰でもよかった」と供述している点も共通する。茨城、鹿児島両事件では、容疑者が調べの中で“死刑願望”を口にしている。連鎖するかのように次々と暴走する若者たち。彼らにいったい何があったのか。

【尾木直樹のコメント】

3、4年前に恵まれた家庭の成績優秀な子供が、親を殺害する事件が相次いだ。最近は“勝ち組”ではない家庭のまじめな若者が、虚無感から自滅的な無差別殺人に走っているケースも多い。
追いつめられた青少年を支えるものがない現代社会は非常に危険。地域コミュニティーの復活など、国レベルで手を打たなければならない。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。