書籍情報

スポーツ報知(5月31日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2008年6月2日 カテゴリ:コメント

小学校で“自殺”授業

福岡県の小学校で、5年生のクラスを担任する男性講師(37)が、授業で児童の前で「自殺の方法」について話し、緊急保護者会が開かれる事態になっていたことが30日、分かった。講師は「自殺をしてはいけない」と伝えるために話したつもりだったが、一部の児童は逆に不安になってしまったという。保護者会で謝罪した講師は当面、このクラスの担当を外れることになった。

【尾木直樹のコメント】

小学校5年生くらいの子は心霊写真だとか、その手のものが大好き。よく「怖い話をして」と言うものです。問題は、そこで自殺の話題を持ち出したこと。自殺大国と言われる今の日本にあって、これは怖い話ではなく胸の痛む社会問題。教師の構えがなっていないと思います。
川田さんの自殺は、メディアでも多く取り上げられ、小学5年生ならどういうことか把握しているはずです。その直後に「練炭」と話すとは。私も、自殺について話すときは非常に気を使います。
5月下旬は、児童がクラス内でのポジションを模索し、教師との力関係も定まってくる時期。教師が人気取りに走りやすい時期とも言えます。この先生も人気取りに走ったのか?1年ごとに学校を変わるという講師の制度にも、疑問を投げかけたいですね。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。