書籍情報

日刊ゲンダイ(7月15日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2008年7月15日 カテゴリ:コメント

底なし大分教員汚職

大分県の教員採用汚職事件は底ナシの様相だ。昇任人事もカネでやりとりしていた実態が明るみになり、県警は県教育委員会ナンバー2の教育審議監の立件へ向けて動き出す構えだ。再逮捕された県教委参事から金券20万円を受け取り、昇格の便宜を図った疑いだ。

【尾木直樹のコメント】

大分のケースは氷山の一角に過ぎない。
各自治体には首長から独立した行政組織として、教育委員会が設置されています。民間選出の委員長と委員、県職員の教育長で構成されているのですが、実験を握っているのは教育長をトップに担ぐ事務方。民間委員はお飾りに過ぎません。特定の人間に権力が集中する構造のため、賄賂人事が横行しやすい。地元名士や関係者などによる口利きはどこにでもあります

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。