書籍情報

朝日小学生新聞(11月21日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2008年12月2日 カテゴリ:コメント

小学生の暴力が急増

小学生の暴力が急激に増えていることが、文部科学省(文科省)が20日に公表した「児童生徒の問題行動」調査で分かりました。2007年度に報告された小学生による暴力は5214件。前年度より37%増え、調査を始めた1997年度から最も多い件数でした。大半を占めるのは校内暴力で、子ども同士のトラブルが増えているようです。イライラした気持ちを暴力で相手にぶつけても、何も解決しません。みんながなかよく過ごせるように、先生たちは日ごろどんなことに気をつけているのでしょうか。

【尾木直樹のコメント】

教育問題に詳しい尾木直樹さん(法政大学教授)は、(小学生の暴力が急増したことについて)「みんながイライラしている証拠」だとみています。「去年から始まった全国学力調査で、子どもたちは今まで以上に学力競争にさらされています。そんな中で、何かの拍子にカッとなって暴力をふるってしまうのでは」
子ども同士の暴力が増えているのは「一番手を出しやすい相手だからでは」と尾木さん。「何かにムカついたとき、友だちも同じようにつらいんだと思ってほしいし、暴力をふるう子を白い目で見るのではなく、その子のつらい気持ちも理解してほしいですね」

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。