書籍情報

日本経済新聞(1月9日付・夕刊)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2009年1月15日 カテゴリ:コメント

「カーナビ親」の落とし穴

「大学は○○大学クラスに何とか」「就職なら△△会社よ」―。子どもに先回りしてアレコレと進路を指示する親が目につく。車の道案内をするカーナビゲーションシステムに似ていることから「カーナビ親」と名付けてみた。将来を心配しての親心かもしれないが、一歩間違うと、子どもから失敗体験を奪い、自立を阻害する恐れもある。

【尾木直樹のコメント】

「いつまでたっても親が先回りする例は大学でも日常茶飯事です」。法政大学教授で教育評論家の尾木直樹さんは苦笑する。電車が遅れると、大学事務所に遅刻の電話をしてくるのは本人ではなく母親。「熱があるので休む」と欠席連絡も母親。電話の背後で「休むのは△△先生の授業」と念を押す学生の声が聞こえてくるといった具合だ。
指示を出したり、事細かに面倒を見たりするカーナビ親は日本だけの現象でないらしい。尾木教授が驚いたのはフィンランドを訪れた際に知った「カーリングペアレント」という言葉。ストーンを目標へ滑らせるため、表面をブラシで掃くカーリング競技の姿になぞらえ、子どもの先々に手を打つ過保護の親を皮肉った言葉だ。
「ただし日本の特徴は、過保護な親として単純にくくれない現象が広がっていることだ。判断力があり幅広い知識がある親ほど、子どもの将来を心配し面倒を見る流れが強まっている」と尾木教授は指摘する。
正規社員が減り、派遣やパートなど非正規雇用が増えるなか、親は子どもがこの社会で生きていけるか不安を抱いている。社会の実情を知る親ほど、何とか子どもをリスクが少ない方へと誘導したくなる。社会の安全網もあまり機能しない現実から「親が子どもを守らないで、だれが守るか」という意識が拡大していると尾木教授は分析する。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。