書籍情報

北海道新聞(2月5日付)にレインボーリポートVol.15の紹介記事掲載

投稿日:2009年2月6日 カテゴリ:コメント

教育委員会に7割不満 教員「現場把握してない」

現在の教育委員会に「満足していない」と回答した小中高教員の割合が70%に上ったことが、民間の臨床教育研究所「虹」(所長・尾木直樹法政大教授)の教員意識調査で分かった。その理由としては「現場の願いや実態を把握していない」(77%)が最多だった。
調査は昨年9月から1ヶ月間、道内を含む全国49市区町村で行われ、782人から回答を得た。
教委に「満足している」は、18%にとどまった。
教委に満足していない理由(複数回答)は、他に「現場に調査、報告を要求しすぎ」(64%)、「指示・命令的文書や態度が目立つ」(55%)、「現場の声をあまり聞かない」(53%)の順で多かった。
「教委にどう変わってほしいか」と聞くと、「教職員の声を聞く」(81%)、「子どもの声を聞く」(35%)のほか、「教職員が教委を評価できるようにする」が33%あった。
大分県教委の教員採用汚職事件について、「大分のような問題は他地域でもある」と84%が答えた。「大分の事件の本質はどこにあるか」との項目では、「上意下達の権力構造」(68%)、「教委の閉鎖性」(60%)に回答が集中した。
尾木所長は、「教師をしっかりサポートしてくれない教育行政へのいら立ちが表れた結果となった。本来、最も頼りになるはずの組織がうまく機能していない」と分析している。

※レインボーリポートVol.15「教育委員会に関する教師の意識調査」のご購入等についてはこちらをご覧ください。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。