書籍情報

週刊朝日(2009年6月5日号)に尾木直樹のコメント記事掲載

投稿日:2009年5月28日 カテゴリ:コメント

豚インフルエンザ関東上陸! 舛添厚労省五つの大罪
全国一律休校で混乱を深めた

空港検疫とともに、厚労省が強く求めたのが「感染者が見つかった都道府県全域での休校」だった。
感染者は登校させないのが原則の欧米では、一律休校はほとんど見られない。これに対して、厚労省の担当者は反論する。
「学校はインフルエンザが蔓延しやすいところですから…」
しかし、関西での惨状を知ってか、20日に初の感染者を確認した東京都は休校せず、厚労省の方針に「反旗」を翻した。
「状況に応じて、適切に、かつ弾力的に判断します」
都総務局総合防災部の担当者は言う。
こうした事態に厚労省も22日になってようやく、患者の急増地域では学校単位で臨時休校できるよう対策方針を見直した。それでも、幹部はなお休校の必要性を強調する。

【尾木直樹のコメント】

休校措置はやむを得ない地域もありましたが、教育界にとって歴史的な汚点です。若者の学力低下が叫ばれている中、国が自らの分析力や判断力、情報処理能力の低さを露呈することになりました。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。