書籍情報

読売新聞(5月16日付)に尾木直樹のコメント記事掲載

投稿日:2009年5月22日 カテゴリ:コメント

教育ルネサンス 検証 橋下改革7  補講・合宿で進学強化

東大、京大合格者300人―。そんなスーパー進学校が誕生するかもしれない。
大阪市淀川区の府立北野高校。手塚治虫、梶井基次郎ら数々の才人を輩出した創立136年の名門は、府内屈指の進学校としても知られる。
4月の昼休み。3年生の教室で、生徒6人が前回の数学演習で出された問題の解答を黒板に書き始めた。通常より長い65分の授業時間を少しでも無駄にしないよう、チャイムと同時に教諭が解説を始められるようにするためだ。
始業時間は午前8時10分。土曜も大半の生徒が登校し、補講を受ける。3年生の場合、夏休みは20日しかなく、残りは授業に充てられる。
2008年度、京都大学と大阪大学に計111人(現役74人)が合格した。男子生徒は「授業をしっかりやれば、第一志望に受かるはず」と信頼を寄せる。
土曜補講を後押しするのが、府教委が昨秋創設した特殊勤務手当だ。以前は教員が無償で行うしかなかったが、現在は「6時間以上の土曜勤務で日額2900円」などの基準で支給されている。教員らは「金額はわずかだが、現場の努力に報いようという姿勢を感じる」と歓迎する。

【尾木直樹のコメント】

こうした取り組みには「府立高校の予備校化」との反発も強い。ある校長は「難関大志望者が優遇されるだけ」と批判。
尾木直樹は「部活や行事で生徒を伸ばす公立の利点が失われる」と警鐘を鳴らす。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。