書籍情報

北海道新聞(5月19日付)に尾木直樹のコメント記事掲載

投稿日:2009年5月21日 カテゴリ:コメント

道立高の集団いじめ「ここまでひどいとは」 生徒衝撃

管内の道立高校2年生男子9人による集団いじめ問題(スタッフ注:北海道十勝地方の道立高校で08年8月から約半年間、当時1年生の男子生徒9人が同級生の男子生徒1人にいじめを繰り返し、2人が下半身を裸にした様子をカメラ付き携帯電話で撮影してインターネットのブログ上に公開していた問題)で、18日午前の緊急全校集会で初めて学校側から説明を受けた同校の生徒は「自分の学校で起きるなんて」(3年生女子)と衝撃を受ける一方、「いじめを見た生徒が先生に相談していれば」(3年生男子)など、自分たちを見つめ直す声も出ている。
集会で校長は、いじめを今年4月まで察知できなかったことについて「生徒との信頼関係が不十分だった」と謝罪。今後は教育相談や面談を増やし、生徒とのつながりを深める考えを示した。

【尾木直樹のコメント】
生徒の自治能力高めて

いじめを学校側が半年以上も察知できなかった理由は、学校が謙虚に反省する「生徒との信頼関係の不十分さ」ではない。今回の高校のように、生徒が互いに小さい時から知り合いだと、全体が一つの集団、仲間となり、教師への報告をためらってしまう。いわゆる「同調圧力」がかかった状態だ。
匿名性が高い大都市の大規模校ならば、生徒の誰かが教師に伝えただろうが、地方の学校は、誰が先生に言ったかも分かってしまうという恐怖がある。
最近はいじめの舞台が中学から高校へ移っている。大半は携帯電話を使った、メールやインターネットでの誹謗中傷。腕力や人間関係での優位性を必要とせず、親指だけでいじめができてしまう。中学までいじめ被害を受けた生徒が、高校で加害者に回る例も多い。
小学校と異なり、高校生の行動を教師が把握することは困難。再発防止には、生徒の「自治・自浄能力」を高めるしかない。学校は、生徒会活動などが活発になるよう後押しすることが重要だ。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。