書籍情報

第8回:不安と疑問だらけの「全国学力テスト」

投稿日:2009年8月24日 カテゴリ:教育insight

■教員・中学生へアンケート調査を実施―はじめに

第3回「全国学力・学習状況調査」(以下、全国学力テスト)が、今年4月、全国のすべての自治体参加のもとに悉皆調査方式で実施された。

このテストの目的は、「各地域における児童生徒の学力や学習状況をきめ細かく把握・分析することにより、教育及び教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図る」、「各学校が各児童生徒の学力や学習状況を把握し、児童生徒への教育指導や学習状況の改善等に役立てる」などとされている。

ところが、都道府県の情報公開条例を盾に、市町村別得点の開示をめぐって教育委員会に圧力がかかるケースも増えている。

そのような社会的注目の中で、今年は第3回目を実施したわけだが、果たして、現場の小中学校教員と当事者である子どもたちは、これまでこの課題にどのように取り組み、どんな成果を上げたり、疑問・不安を抱いたりしているのか、両者への全国調査を実施した。

教員対象の調査に関しては、バイアスがかかるのを防ぐために、全員参加型の研修・講演会場を選定し、会場にて配布、733名分回収。また、生徒へのアンケートは、教育委員会などを通じて各学校へ依頼。調査票は郵送で回収した。1326名分になる。

2000人を超す教員・生徒のアンケート調査結果から見えてくるものは、賛否両論あるものの、とても毎年数十億もの費用をかけて、国家的一大事業として悉皆調査方式でやるほどのものではないということに尽きる。

すでに3回の調査で目的のためのデータは十分に蓄積できたはずである。現在のまま継続すれば、むしろ目的からさらにそれて歪んでいくのではないだろうか。その兆候がすでにこのアンケート調査結果にもはっきり表れている。

速報版ではあるが、調査結果をご覧いただきたい。

■「全国学力テスト」実施に関する教員の意識調査(速報版)(PDF版:249KB)

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。