書籍情報

西日本新聞(11月24日付)に尾木直樹のコメント記事掲載

投稿日:2009年12月9日 カテゴリ:コメント

「先生の先生」が実践授業 マイスター認定 指導力向上へ

306人―。今月、文部科学省が発表した昨年度の「指導力不足」教員の数だ。4年連続で減少したものの、あらたな認定者は133人に上った。学力向上の鍵を握る教員の資質や技量をどう高めるか。北九州市教育委員会の試みに注目した。
北九州市教委がマイスター教員制度を導入したのは本年度から。その理由を、教職員課の係長は「指導力のある先生はいる。ただ、忙しい上に学校が小規模化し、職員室などで助言を受ける機会が減ってきたから」と説明する。
初年度は5人をマイスターに選出。木曜ミニ教室を受け持ってもらったところ、半年間の受講者数は市教委が予想した年間500人を既に超え、600人に迫っているという。

【尾木直樹のコメント】

教育評論家の尾木直樹法政大学教授(臨床教育学)らでつくる「教育改革市民フォーラム」が、今夏に各地の大学で教員免許更新講習を受けた約500人にアンケートを実施した。結果はまだ未公表だが、大学によっては8~9割が「受けてよかった」と回答。最新の研究に基づく講義内容が好評だったという。
「学びたい、という強い向上心を持っている先生は少なくない」と尾木教授。一方で、教員の間には「教委が企画する研修はつまらない」との定評があり、現場のニーズとかみ合っていない実情が浮かび上がる。「先生が学ぶゆとりを持てるよう、教員を増やすなど条件整備も不可欠」と付け加える

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。