書籍情報

東京新聞(12月1日付)に尾木直樹のコメント記事掲載

投稿日:2009年12月1日 カテゴリ:コメント

荒れる子どもたち 対応策急げ

文部科学省の問題行動調査で、過去最多の約6万件に上った児童生徒の暴力行為。警察に補導されたり、児童相談所が対応したりした子どもは、2008年度は過去3年で最多の4740人に上る。「我慢の容量が少ない」「ささいなことにいらだち起る」。ストレスで感情を暴走させる子どもの姿が報告される中、教育現場では教員のサポートを拡充するなど、解決への模索が続いている。

【尾木直樹のコメント】
社会不安が影響

暴力行為は子どもの鬱屈(うっくつ)の爆発。いじめよりも段階が進んでおり、背景には社会の変化や雇用不安が密接にかかわっている。詰め込み型教育が急速に進み学校が成果主義になっている。不況で失職したり仕事を減らされたりして、子どもにつらく当たる保護者もいる。親も教師も追いつめられ、子どもに「どうしたの」と問いかけることをやめてしまった。子どもが暴力に走るのは、この社会状況では必然ではないか。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。