書籍情報

東京新聞(3月9日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年3月16日 カテゴリ:コメント

愛子さまの欠席公表 宮内庁過剰反応か

愛子さまが登校できない状態になったことについて、東宮職のトップが「同学年の複数の男児から乱暴な振る舞いを受けた」などと欠席理由を発表したのは異例であった。宮内庁側と学習院側の主張に違いも見られ、今回の公表に問題はなかったのか疑問が残る。

【尾木直樹のコメント】

宮内庁は子どもの目線に立っておらず、教育上の危機管理ができていない。公表はお役所仕事。
乱暴な行動を取った子どもの「犯人探し」が始まれば、男児の保護者も学習院に通わせることをためらうだろう。他の保護者も、自分の子どもが愛子さまとふざけ合うのを避けるようになり、自由な交流もできなくなる。愛子さまの教育にもいいことではない。
もし男児側に問題があっても、成長を促すサポートをするのが本当の教育力。教員増員などによる監視の強化は「対症療法」にすぎない。学習院の教育力も問われている。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。