書籍情報

朝日新聞(4月18日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年4月27日 カテゴリ:コメント

自主参加「全校」13県 採点、比較は困難

文科省の2010年度全国学力調査が20日、実施される。過去3回は全員参加だったが、今回は約3割の学校を抽出する方式に変わる。ところが「全校で受けたい」と自主参加を希望する自治体が相次ぎ、従来通りの全員参加は西日本を中心に13県にのぼる。自主参加組の採点・集計は自治体側の仕事となり、正確性に欠けるおそれも。それでも参加するのは「横並び意識」「保護者や首長らの意向」が背景にあるようだ。

【尾木直樹のコメント】
横並び意識か

自主参加の判断主体は市町村であるにもかかわらず、13県で参加率が100%になったというのは異常だ。上意下達の構造や横並びの意識を感じる。過去の成績が上位か下位の府県ほど参加率が高い傾向にある。「全国トップを目指せ」「他県に負けるな」といった圧力が働いたのでは。効果が不透明なまま税金を投じた調査が行われることは問題だ。教育現場には冷静な判断力を持ってもらいたい。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。