書籍情報

AERA(6月21日号)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年6月17日 カテゴリ:コメント

筆圧に込められた無念 自殺した少年の父が語った息子の遺書

6月7日、川崎市多摩区の市立中学3年の少年(14)が命を絶った。自宅のトイレで、有害物質を発生させて自殺していた。遺書には「いじめを止められなかった」、さらに4人の実名を挙げて「決して許すつもりはない」と書かれていたという。少年の父親には、「大変な自責の念」が読み取れた。「お世辞にも字がうまいタイプではなかったが、これまで見たことのないような丁寧な字だった。強い筆圧で、時間をかけて書いたんだと思う」。少年は小学校の野球チーム時代は「声出し番長」と呼ばれるチームのムードメーカー、中学時代は生徒会の役員としても活躍していたという。

【尾木直樹のコメント】

男の子はプライドがあり、いじめられていても表に出さない。まして、生徒会や野球部の生徒ならば、強い責任感や自信があったはず。それなのに、いじめられている同級生を救えないばかりか自分もいじめられてしまった。悔しさは相当なものだったのではないか。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。