書籍情報

毎日新聞(10月9日付夕刊)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年10月14日 カテゴリ:コメント

不祥事続く山梨県教委 再発防止へ「常識」問う

「児童買春・児童ポルノ禁止法を知っていますか」-。児童買春事件など教員不祥事が相次いだ山梨県で、全287の公立小中学校の校長らが、全教職員約5200人を対象に、こんな常識的とも言える内容を問う一斉面談をしたことが分かった。「危機感を持った異例の対応」として県教委が各市町村教委などに実施するよう通知したというが、教員を信用していないとも取れる質問内容に、専門家からは再発防止効果を疑問視する声が上がっている。県教委によると、面談は既にほぼ全校で終わった。義務教育課は「教員を24時間監視するわけにもいかない。一人一人に服務規律を認識してもらう必要があった」と実施の意義を説明している。これに対し、山梨県教組の三浦雅彦副委員長は「質問例が適切か、再発防止につながるかは疑問」と指摘。県教委内部にも「(不祥事をするので)自分からクビにしてくれという教員はいない」と効果を疑問視する声がある。

【尾木直樹のコメント】

誰でも知っていることを質問して再発防止になると考えるのは認識不足。管理職による面談は、教育現場に不信感を与えるだけで時間の無駄になる。むしろ専門家のカウンセリングが必要で、不祥事の背景や教員の心理を科学的に明らかにすることが重要だ。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。