書籍情報

朝日新聞(10月28日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2011年11月2日 カテゴリ:コメント

私はこう考える 大阪府教育基本条例(※記事全文掲載)

条例案は、教育委員会を悪者に仕立てて、多くの保護者が公教育に対して抱いている根強い不信や不満をうまくすくいあげているでしょ。選挙向けのアピールとしてはうまいけど、中身は目新しいものはないです。根底にあるのは、有名大学への進学率やらテストの点数やらを物差しにした、古ーい学力観。厳しい人事評価や統廃合で学校や教師を追い立てる発想も昔からあるのよ。
―保護者の間にある公教育への不信や不満とは?
「尾木ママ」として知られるようになってから、若い親御さんたちの集まりに呼ばれる機会がすごく増えたのね。よく耳にするのは。「学校や先生はうちの子をちゃんと見てくれない」「ほったらかしにされている」といった声。「言いがかりでは?」と思えるような内容もあるけど、みんな切実なのよ。
―なぜ切実な不満が増えているのでしょうか。
今の若い親は、校内暴力やいじめの嵐が吹き荒れた1970~1980年代を経験した世代。「学校や教師は助けてくれなかった」という思いが公教育不信につながっているのね。教育委員会相手に大立ち回りを演じる橋下知事の姿に溜飲を下げている人も多いと思いますよ。
―そんな親たちの不満を知っていても、条例案に反対?
時代錯誤なんだもの。国際競争に対応できる人材を育てるというけど、そんな手あかのついたエリート像にに子どもを押し込めてどうするの。子どもは国や経済界の「手駒」じゃない。戦後の復興期や高度経済成長期ならともかく、今は価値観も多様で社会も複雑。勉強のできる秀才が勝ち組人生を保証されるわけじゃない。現に、有名大学でも就職できない人がいっぱいいるじゃない。教育は子どもの人生を豊かにするためのもので、もどかしくて当然なのよ。条例案にはそういう視点がないじゃない。
―親たちが不満を持っているダメな先生に、今の制度は甘いという声もあります。
頑張る先生の前向きな努力を引き出す評価方法を検討するのはいいと思うのよ。でも条例案のように、一律5%程度の教師を最低ランクの「D」評価しなければいけないなんて、有害無益。抱えている事情や学校や先生ごとに様々なはずでしょ。頭のいい生徒を囲い込んで要領よく成果を上げる先生が得をして、問題のある生徒にじっくり向き合う先生が損をするようになったら退きの極み。私も昔、中学校教師でしたけど、荒れた生徒や問題のある生徒にこそ愛情が必要だと考え、寄り添い続けてきたつもり。でも大阪ではD評価かもねえ…。

毎日新聞(10月9日付夕刊)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年10月14日 カテゴリ:コメント

不祥事続く山梨県教委 再発防止へ「常識」問う

「児童買春・児童ポルノ禁止法を知っていますか」-。児童買春事件など教員不祥事が相次いだ山梨県で、全287の公立小中学校の校長らが、全教職員約5200人を対象に、こんな常識的とも言える内容を問う一斉面談をしたことが分かった。「危機感を持った異例の対応」として県教委が各市町村教委などに実施するよう通知したというが、教員を信用していないとも取れる質問内容に、専門家からは再発防止効果を疑問視する声が上がっている。県教委によると、面談は既にほぼ全校で終わった。義務教育課は「教員を24時間監視するわけにもいかない。一人一人に服務規律を認識してもらう必要があった」と実施の意義を説明している。これに対し、山梨県教組の三浦雅彦副委員長は「質問例が適切か、再発防止につながるかは疑問」と指摘。県教委内部にも「(不祥事をするので)自分からクビにしてくれという教員はいない」と効果を疑問視する声がある。

【尾木直樹のコメント】

誰でも知っていることを質問して再発防止になると考えるのは認識不足。管理職による面談は、教育現場に不信感を与えるだけで時間の無駄になる。むしろ専門家のカウンセリングが必要で、不祥事の背景や教員の心理を科学的に明らかにすることが重要だ。

東京新聞(10月5日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年10月7日 カテゴリ:コメント

議員のまま裁判闘争 「被告」小沢氏の今後は

小沢一郎民主党元幹事長(68)が、政治資金規正法違反容疑で「強制起訴」されることになった。捜査のプロである東京地検特捜部が二度不起訴にした容疑について、市民で構成する検察審査会が二度「起訴すべきだ」と判断した。裁判員裁判と同じく、民意を反映させる司法制度改革の一環で導入された強制起訴制度。政界で大きな影響力を持つ小沢氏が、市民目線に追い込まれた格好だ。裁判で有罪か無罪かを問う争うが、被告になる同氏のこれからは―。

【尾木直樹のコメント】

筋論で言えば最低限、小沢氏に離党勧告する。もうひとつ筋を通すなら除名処分。しかし、力関係から無理かもしれないが…。罪の有無よりも国民の信頼を失ったことを重視すべきだ。
一連の検察不祥事で、密室で罪の有無が恣意的につくられるとして、検察不信を招いた。逆に検察審査会は国民の責任で刑事裁判を求めるものだ。(同審査会の二度目の起訴議決に)国民目線で論理が整理されている。道理にもかなっている。民主党は実力者にどう対応するか、国民は注目している。

毎日新聞(10月2日付夕刊)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年10月7日 カテゴリ:コメント

運動会楽しみ 愛子さま

学校生活に不安感があるとされる皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)=学習院初等科3年。2学期も1学期同様、雅子さまが学校に付き添っているが、授業を受ける時間が長くなるなど回復の兆しも見える。9日には運動会があり、リレーの練習に余念がないという。愛子さまの現状は?

【尾木直樹のコメント】

今は雅子さまと愛子さまが、ともに相手を頼りにする「共依存」の関係にあるのではないか。皇室の環境下では時間がかかるかもしれないが、それぞれが元のように自立することが何より重要だ。運動会に向けて友達と一緒に練習に取り組むことは、再び学校に溶け込む大きなチャンスだと思う。

読売新聞(10月2日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年10月7日 カテゴリ:コメント

「私の新聞活用法」(※記事全文掲載)

評論家としても、臨床教育学者としても、新聞が仕事の生命線だという。大学のゼミでは、教育ニュースをまとめた発表資料を学生たちに作らせ、所長を務める臨床教育研究所のミーティングでも、その日の記事を抜き出したスクラップが欠かせない。「新聞の割り付け紙面はいつまでも印象に残っているのに、パソコンの横書きニュースはなかなか頭に入らない。どんなにインターネットが進化しても、僕にとって有効なのは新聞なんです」
国語教師として教壇に立っていた34年前、私立の進学校から公立中学校へ移り、学力差の大きい生徒たちを前に壁にぶち当たった。どうすれば国語の苦手な子の力も引き上げられるかと模索し、新聞を教材にすることを思いついた。
毎日ノートに好きな記事を張りつけ、賛成する行の上に「○」、反対するところには「×」などと記させた。印をつけるだけでは飽き足らなくなったころを見計らい、心に浮かんだことを書くよう指導した。
「読みなれ、感じなれ、書きなれて表現力をつけさせようと、我流で編み出した授業法。当時は新聞を教材にする先生なんていなかったが、生徒は見違えるほど成長した」
臨床教育学者らしく、新聞に期待するのは臨場感あふれる報道。「足でかせぎ、記者の汗が感じられるような記事を」と話す。

毎日新聞(9月14日付夕刊)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年9月17日 カテゴリ:コメント

未成年飲酒 退学も

コンパで酔った女子学生に性的暴行を加えたとして男子学生6人が集団準強姦容疑で逮捕された京都教育大(京都市伏見区)が未成年の学生の飲酒をなくそうと、退学など厳罰を伴う指導を始めた。学生が急性アルコール中毒死した一橋大(東京都国立市)も、同様の措置を取っている。未成年者の飲酒を禁じる法律には、大正時代に制定された「未成年者飲酒禁止法」がある。ただし、飲酒を制止しなかった監督者や酒類提供者への罰則はあるが、飲酒した未成年者にはおとがめはない。

【尾木直樹のコメント】

正月や祭りで親が子供に酒を飲ませることもあり、日本社会は未成年の飲酒にルーズすぎた。未成年者の飲酒は明確に法律違反で、「学生の自主性に任せる」という姿勢は誤りだ。国際的にみても大学の対策強化は遅すぎるくらい。大学はアルコールの害について学生にもっと指導していくべきだ。

東京新聞(9月11日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年9月14日 カテゴリ:コメント

同名の成人向けサイト存在 さくらんぼ小学校

サクランボ生産量日本一を誇る山形県東根市が、市内に来春開校予定の「私立さくらんぼ小学校」の名称変更を決めた。理由は「私立さくらんぼ小学校」の名称で、インターネット上に裸の少女のイラストなどが登場するアダルトサイトが存在したためだ。しかし、全国各地に「さくらんぼ」の名称を使った幼稚園や保育園が多数存在する。名称変更の波紋は―。

【尾木直樹のコメント】

子どもに何かあってはいけない、害を及ぼしてはいけないという気持ちは分かる。東根市はある意味、現実的対応をしたと思う。
親が自分の子どもの裸をネットで公開して何が悪いのかといった人権意識のなさがまだ残っている。国際的にも日本のサイトは人権意識の遅れが指摘されており、この問題を解決するのが先だろう。校名を変更せざるを得なかったことをおかしいと考え、ネット文化の質を高めるための議論をすることが必要だ。

毎日新聞(9月6日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年9月14日 カテゴリ:コメント

道教委 児童生徒の情報電子化

北海道教委は、児童生徒の成績や出欠状況などの情報を電子化した「公立学校校務システム」を導入することを決めた。都道府県教委としては初めてで、11年10月から試験導入し、12年度から道内の全公立校を対象に本格運用を始める。道教委は「多大な時間を要した転記作業から解放され、情報共有も進むことで、これまで以上に子どもと向き合える」と期待するが、情報流出や使い勝手を心配する声もある。

【尾木直樹のコメント】

学校への電子黒板導入が示すように、現場が使い方をよく知らず、無用の長物になるケースもある。電子化を急ぐより先に、現場の教師が生徒一人一人と向き合える人員配置を急ぐべきだ。

読売新聞(8月23日付夕刊)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年8月26日 カテゴリ:コメント

小説や哲学書の漫画本続々 読書の幅広げる糸口に

著名な小説や哲学書を要約し、文庫サイズの漫画本にしたシリーズが、相次いで刊行されている。古今の名作に、気構えないで触れてみたい。時間に追われる現代人が、手軽に知識欲を満たせるのが人気の秘密だ。夏休みも終盤に入り、読書感想文の“特効薬”を見つけたと思う子どももいるかもしれないが…

【尾木直樹のコメント】

漫画はあくまで、漫画として楽しんでほしい。漱石や芥川が句読点の打ち方や行替えまで細かく吟味した文章の良さは、絵では味わえない。小説を読む宿題は、やはり原作にふれなくては―。

産経新聞(8月18日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年8月19日 カテゴリ:コメント

高槻市の小3女児自殺 9歳以下の自殺ごくわずか

文部科学省の調査によると、昭和52年から平成21年までの32年間で12歳以下の自殺者は194人で、年平均約6人と限られている。さらに9歳以下の自殺は厚生労働省の人口動態調査でみると、昭和25年から平成20年までの58年間で14人とごくわずかだ。このなかには今回と同じ8歳で命を絶ったケースがあったという。ただ、子供の自殺は社会的にも影響が大きいことから、国は教育現場に十分な対策を呼びかけている。子供の自殺問題をめぐっては、平成18年に自殺対策基本法が成立したのを受けて、文科省が有識者からなる専門家会議を設置。昨年3月、学校現場向けに自殺予防策マニュアルをまとめた。マニュアルでは、子供は死に対する意識が十分に育っておらず周囲からの影響を受けやすいこと、リストカットなどの自傷行為が自殺につながる危険性などを明記。「自殺を特殊な問題と片付けず、大切な課題として向き合うべき」としている。

【尾木直樹のコメント】

一般的には思春期前の小学生が自殺する場合、中高生のように深い葛(かっ)藤(とう)に悩んだ末にというより、落ち込んだ気持ちのまま衝動的に行為に及ぶことが考えられる。今回のケースがどうかは分からないが、慎重に動機の解明を進めていくべきだ。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。