書籍情報

朝日新聞(8月8日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年8月17日 カテゴリ:コメント

心病む先生復帰訓練

精神疾患を理由に病気休職する教師が増え続けている。文科省の2008年度の全国まとめでは5400人を数え、10年前の3.15倍に。大半の教師がしばらく休んだ後に学校に戻るが、その後休むケースが少なくない。こうした問題を解決するために重要とされるのが、復帰前に徐々に心身を慣らしていく学校での訓練だ。都教委は5月末、「リワークプラザ東京」という新しい機関を設置し、外部に委託していた学校での復帰訓練を直接担当することにした。リワークプラザが行う学校訓練の課程は3カ月で、3段階に分けて進める。最終段階では合議で復職を判定する。

【尾木直樹のコメント】

孤立が背景 同僚もサポートを
私が中学の教員をしていた80年代は、校内暴力で大変な時代だったが、精神を病む人は今ほど多くなかった。先生がみんなで団結して非行少年たちと向き合っていたからだと思う。苦労をともにする同僚がいたから、忙しく働いていることが、時には楽しいとさえ思えた。
だが、今の学校では、先生たちが十分にコミュニケーションをとれず、バラバラになっている。そうなった理由は、校長らの視線や寛容さを失った保護者、1人1台配備されたパソコンを使った作業の増加など色々ある。孤立して仕事をする先生は、忙しくても充実感は小さく、徒労感しか残らないのだ。
リワークプラザ東京の仕組み自体は、よくできていると思う。だが、こうした取り組みは、あくまで対症療法的なものだ。休職している先生は氷山の一角で、悩み苦しんでいる先生はその何十倍もいるにちがいない。精神を病む先生の増加は、個人の問題では済まない。各教育委員会は、教員全員を対象に無記名アンケートを行うなり、第三者機関で検証するなりして、科学的・包括的な対応に乗り出すべき時期に来ている。
復職した先生を迎える同僚の先生たちにも一考を求めたい。自分の仕事をこなすので精いっぱいなところに休んだ先生の仕事が割り振られて、複雑な心境なのは理解できる。だが、将来は自分もそうなるかもしれない、ととらえてサポートしてほしい。それと同時に、仲間が休職するような職場環境の問題点について、あきらめたり処分を恐れたりしないで、もっと社会に告発してもらいたいと思う。

産経新聞(7月21日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年7月22日 カテゴリ:コメント

ストーカー扱い「雇い止め不公平」と元教員が女子生徒の両親らを提訴

女子生徒にストーカー行為をしたとの理由で雇い止めされ、名誉を傷つけられたとして、京都外大西高校(京都市右京区)の元教員の30代の男性が、校長と女子生徒の両親を相手取り、慰謝料など計約1千万円の支払いと謝罪文の提出を求める訴訟を京都地裁に起こしたことがわかった。訴状などによると、男性は平成13年に講師採用され、1年ごとに契約を更新してきた。昨年10月、女子生徒とその両親が男性からストーカー行為をされたと申告。学校側は、男性の言い分を聞かずに今年3月末に男性を雇い止めにした。男性はその後、雇い止めの無効化を求める労働審判を京都地裁に起こし、判決は雇い止めの撤回を命じた。

【尾木直樹のコメント】

学校側が言い分を公平に聞いて事実確認をしていれば、このような事態にならなかったはず。性急な対応をした学校の責任は重い。

読売新聞(7月16日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年7月20日 カテゴリ:コメント

「親に殴られる」放火の中3、何度もSOS

兵庫県宝塚市で民家が放火され、家族3人が死傷した事件で、逮捕された中学3年の長女(15)と同級生の女子生徒(14)は、教諭や友人らに親からの暴力を訴え、事件前日には犯行予告さえもしていた。日系ブラジル人の長女は4歳で母親に引き取られて来日。母親と同居男性(39)の3人で暮らしていたが、次女の誕生後、自分と妹に対する態度が違うため、恨みを持つようになった。同級生は近隣住民にかわいがられて育った。約2年前に母親が再婚して一変。義父との折り合いが悪く、生活態度が荒れ、ピアスを開け、髪も染めた。共に親との関係に悩んでいた2人は今春以降、急速に親しくなり、授業にはほとんど出ず、2人だけで長時間語り合うなどしていた。

【尾木直樹のコメント】

事件は、よく似た不満を抱えた2人が心理的に依存し、共鳴して起きた。1人ならここまでしなかった。

朝日新聞(7月14日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年7月20日 カテゴリ:コメント

「県教委、論文修正要求」山口の教頭、禁止求め提訴

個人的に執筆した教育改革に関する論文について、山口県教委が表現の変更や発表しないよう求めたのは「検閲」に当たり、憲法で保障された表現の自由を侵害するものだとして、同県立学校の教頭(59)が、これらの行為をさせないよう求める訴訟を山口地裁に起こしていたことが、わかった。教頭は「表現活動は尊重されるべきだ」と話している。

【尾木直樹のコメント】

管理主義を象徴
今回のケースは教育行政の権威主義・管理主義的な面を象徴している。学校は子供たちの民主主義のトレーニングの場。だからこそ教員の言論の自由は命のように大切なものだ。

読売新聞(7月16日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年7月16日 カテゴリ:コメント

【尾木直樹のコメント】
〈直言〉角界 社会との接点増やせ

今回最も驚いたのは、スポーツの世界に身を置く力士たちが、同じスポーツである野球を舞台にした賭博に手を染めたことだ。真剣勝負が汚れた世界に利用されることに、抵抗を感じなかったのだろうか。
このように感覚がまひしてしまった背景には、大相撲が閉ざされた人間関係で形作られ、親方も力士も、社会から学ぶ場があまりにも少なかった事情があると思う。これを機に相撲協会は外部の人材を入れ、たとえば番付にファンの意向を反映させる、力士に積極的に社会貢献させるなど、お金は無くても相撲を心から愛する人たちと歩める組織に生まれ変わってほしい。
多彩な技がありながら、勝ち負けが明快。裸と裸がぶつかる気迫。スポーツとしての魅力あふれる大相撲を、このまま腐敗させてはならない。

毎日新聞(7月3日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年7月14日 カテゴリ:コメント

19都県、留年生から徴収 公立高授業料 病気、留学など除き

公立高校の授業料無償化を巡り、留年生徒や授業後に再入学したした生徒について、全国の都道府県の約4割に当たる19都県が原則として授業料を徴収する方針を決めたことが、毎日新聞の調査で分かった。このほか4県は再入学生のみ徴収する方針で、授業料を支払うことになる留学生・再入学生は少なくとも計948人(6月28日現在)になる見通し。24道府県は原則不徴収の方針で、対応が全国でほぼ2分された。

【尾木直樹のコメント】

高校授業料無償は国際常識で、学力を養うことは国家の問題。すべて無償にすべきだ。

日本経済新聞(7月10日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年7月12日 カテゴリ:コメント

「互いの家 放火約束」殺人未遂容疑など中3の2人逮捕

兵庫県宝塚市の民家で住人のブラジル国籍の男女ら3人がやけどを負った放火事件で、兵庫県警宝塚署は9日、同居していた中学3年の少女(15)と同級生の少女(14)を殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで逮捕した。宝塚署によると、2人は「家族に不満があり、殺そうと思った」「それぞれの家に火を付ける約束をしていた」などと容疑を認めている。この火災で女性(31)が死亡し、男性(39)が意識不明の重体、小学4年の娘(9)は重傷を負っている。逮捕された少女2人は仲が良く、普段から一緒に過ごしていた。

【尾木直樹のコメント】

互いへの依存が強い思春期は、似た悩みを共有することで感情が増幅され、思い詰めることがある。2人が放火したのだとすれば、学校でも家庭でも孤立し、気持ちのガス抜きができない状態だったのではないか。

読売新聞(6月30日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年7月1日 カテゴリ:コメント

岡田Jに拍手 強い絆と勇気

日本中が泣いて笑ったW杯だった。サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会で、必死にボールを追ったサムライたち。30日未明、120分の激闘の末に日本代表の戦いが終わった。南半球の青い芝の上で彼らが見せたものは、仲間同士の強い絆と、あきらめずに突き進む勇気だった。世界4強の目標はかなわなくとも、たくさんの感動と4年後への夢を残した。

【尾木直樹のコメント】

日本代表の戦いは、道徳教育の題材の宝庫。監督の『ベスト4』という高い目標が、選手を強く結びつけた。

週刊朝日(7月2日号)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年6月25日 カテゴリ:コメント

横浜・山口 高1が同級生刺傷 学校の危ない「6月病」

6月15日、横浜市の女子高校で高校1年の少女が隣の席の女子生徒を包丁で刺し、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。大胆な犯行とは裏腹に、同級生の間で影の薄い存在だった少女。中学の同級生は「いつもうつむいて、自分からしゃべったのを見たことがない」と振り返る。その事件の2日後、今度は山口県で高校1年の少年が同級生の女子生徒を包丁で刺し、自らの携帯から通報、銃刀法違反と傷害の容疑で現行犯逮捕された。2人は同じクラスだったが特に親しい関係もなかったという。少年は事件前夜、進路をめぐって母親と口論になっていた。横浜市と山口県の事件はともに高校1年生で、現場は教室の中、凶器は包丁。そしていずれの生徒も将来、看護師になることを夢見ていたという。突然にみえる凶行がなぜ続いたのか。

【尾木直樹のコメント】

高校1年の6月は、教育実践論では最も危険な時期だとされている。いじめの第一波が起きる時期でもある。いろんな中学から知らない人が集まってきて、4月はまだ人間関係や担任の力量を様子見しているが、5月から授業や学校行事が本格化して、それぞれの個性や力関係がわかってくる。相互関係が最も流動的になりやすい時期なんです。
おとなしい子も活発な子と同じように心が活発に動いているが、外には言わないから何が起きていても発覚しにくい。おとなしい子にはもっと自分を出すように、活発な子にはおとなしい子にも気を配れるように指導すべき。報道で見た事件が無意識にインプットされ、似たような行動に走らせる『観察学習効果』によって、同様の事件はまだ続発するかもしれません。

毎日新聞(6月24日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年6月24日 カテゴリ:コメント

新生民主どう評価 期待失望繰り返し

昨年の政権交代から9カ月。24日公示された参院選は、有権者が民主党を中心とした政権を評価する初の機会となる。米軍普天間飛行場移設や「政治とカネ」の問題で国民を失望させた民主党だが、菅直人首相の誕生で再び期待が集まる。焦点の一つは、菅首相が「10%」という具体的な数字に言及した消費税引き上げ。民主、自民両党の消費税に対する姿勢にそれほど差がない中、有権者はどのように判断するか。民意は7月11日に示される。

【尾木直樹のコメント】
今回の選挙を名づけるなら―

国民は政権交代に期待したが、民主党の基本政策がコロコロ変わり何を信じていいのか分からなくなった。最も不安を感じるのは、生活実感につながるビジョンが示されないことだ。消費税率アップだって政党間には「勇気をもって議論する」との雰囲気があるが、「増税で生活が安定する」とのビジョンは示されないので国民には違和感がある。「本当に大丈夫なんだ」という安心材料を示すべきだ。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、元法政大学教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

アーカイブ

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。