書籍情報

いじめ対策 体罰に基準

投稿日:2007年2月5日 カテゴリ:今、ガブッと教育

文科省は2日、いじめ問題の深刻化などを受け、問題行動を起こす子どもに対し、学校側がとりうる懲戒行為の基準をまとめた。体罰にあたらない事例が具体的に示されており、今週全国の教育委員会などに通知される。
この通知に関し尾木は以下のようにコメントしている。

いじめなどの問題について背景や原因を丁寧に分析したり、奥の深い教育実践の問題としてとらえずに、単純に生徒と教師の問題に矮小化し、管理し、抑えつければ解決するという発想です。

教育は「国民全体に対し直接に責任を負って行なわれるべきものである」との文言が教育基本法から削られたもとで、教師が子どもと直接向き合って教育実践を進めるのでなく、国が「ここまでやっていいんだ」と生徒への指導方法にまで細かく口を出し、指示する。これまでにない国家主義的な子ども管理、学校・教師管理のやり方です。
*「改正 教育基本法」の下での現場と文部行政との新たな関係性を示唆するスタイルとなっています。

教師は子どもたちのなかに分け入って、なぜこのようなことをしたのか、子どもの声、心の叫びを受けとめて、ともに考え、悩むことで成長し、力量も向上します。日本の教師たちは戦後、着実にそういう力を育ててきたのです。ところが、教育再生会議や文科省のやり方では、教師は形だけ整えることに一生懸命になり、力量はどんどん落ちてしまいます。

今回、「許容範囲」として出されている内容は1948年の見解でも認められているもので、なんら新しいものではありません。しかし、それが「体罰規定見直し」として報じられ、社会的に体罰容認のムードがつくられようとしています。こうした報道を子どもたちはどんな思いで見ているのでしょうか。それを思うと悲しくて憤りを感じます。

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。