書籍情報

モンスターペアレントとは何か

投稿日:2007年7月30日 カテゴリ:今、ガブッと教育

まるで“怪物のような親”として今、メディアで話題のモンスターペアレントとは何?

1.「理不尽な学校への要求」をしてくる親のこと

2.関西では「困った親」「イチャモン親」ともいう

2002~2003年のころから、とくに大阪から発信された

3.夫婦ともモンスターの場合“ダブルモンスター”という

4.5種類に分類できるのではないか

① 「わが子中心モンスター」=アルバムにうちの子の写真が少ない/学芸会の主役をやらせろ/クラスに気に入らない子がいる。別のクラスにしてほしい など-過保護、過干渉。何でももわが子中心
② 「ネグレクトモンスター」=呼び出しに応じない/日曜夜の10時に家庭訪問の要求/朝ご飯も食べさせない/遠足の弁当を作らないなど-放任状態が特徴
③ 「ノーモラルモンスター」=夜中の12時、1時にでも担任に電話をしてくる/深夜にメールを送信してくるなど-親自身の生活のくずれから正常と不正常の区別がつかない。消費至上主義社会の影響か。24時間サービス社会への慣れなのか。
④ 「学校依存モンスター」=朝起きないので毎朝起こしにきてほしい/共働きなので保健室で休ませてほしい(学級閉鎖の時)など-本来、家庭でやるべきことを学校に依存
⑤ 「自己権利主張モンスター」=ケータイをとりあげた日数の分、日割り計算で料金を返せ/休んだ1週間分の給食費を返せ/給食を頼んだ覚えがないので料金は払わない(=給食費未払い)など
-権利を主張

5.急増の背景は何か<2つの変化と社会性の欠如>

A.学校側の変化:

① 権威の喪失←親の高学歴化、学校外教育の充実、情報知識社会化
② 学校の商品化←学校選択の自由制度が保護者を消費者化した。
学校は毅然と対応できない

B.親の側の変化:

① サービス過剰社会における成育歴と生活
(消費者は王様/お客様は神様)
② 地域コミュニティの崩壊とメール文化⇒グルーピング&攻撃性強化を加速化(公園デビューのメール化)

C.両者の共通性:

① 多忙化/「選択と集中」の新自由主義思想の浸透(結果責任)
② 社会性の欠如
③ コミュニケーションスキルの低下(←メール)

6.克服のために-対症療法では「教師力」「人間力」を落とす

A.学校:

① 受容(受けとめ)と毅然とした姿勢の両立
(ものごとの価値判断を示し、 学校の方針を伝える)
② 日常的に親とのコミュニケーションを強化する

B.親:

① 学校にできるだけ顔を出す
② 親同士のコミュニケーションを大切にする

C.社会:コミュニティー論、未来社会学の観点から

※教育再生会議が提案する「学校問題解決支援チーム」での解決はリアリティに欠け、難しい。
「教師力」「人間力」を喪失する危険あり

「合格者偽装」?

投稿日:2007年7月26日 カテゴリ:今、ガブッと教育

大阪の学芸高校が、1人に73校も出願させて、その合格実績を「偽装」していた。問題点は何か。

  • ① 結果としての複数合格
    のべ人数の発表は昔から公私を問わずどこの高校でも行われており、いわば“常識”。
  • ② 当該校の問題点は
    • 系列校でも7人で178人分合格にするなど「水増し」(?)発表、「合格者偽装」行為が学校の評価を上げるために目的化していたこと。学校の方針化
    • センター入試の信頼性と利便性を悪用
    • 受験料の学校負担に加え「激励金」5万円や腕時計まで贈っていたこと
    • 対象大学は「関・関・同・立」のいわゆるブランド大学に限定していたこと
    • 保護者や生徒には公表されていなかったこと
    • 高校教育の本来の目的を忘れ、予備校化し、教育者としてのモラルも崩壊していること
    • 数値目標を出し、担任に競わせていたこと
    • 本来の進路指導からはずれており、生徒を単なる「合格ロボット」としてしか見ていないこと
  • ③ 背景と教訓
    • 08年度の「大学全入時代」を迎え、大学も「二極化」が激しく、ブランド大学志向が強まる中での高校生や親の高校に求める「本音」
    • 従ってベネッセのホームページでも当該校は「成果」を上げている高校として「高く評価」されている。全国的にもそういう意味では、よく知られた高校。いわば「モデル校」である
    • 教育に「数値目標」を持ちこみ競争させると必ず教育の理念が揺らぎモラル崩壊。教育崩壊へとつながる。足立のある小学校における学力テスト不正事件と同根である。この小学校もベネッセはHPで高く評価しているが―
    • 今後はカッコ付きで実数も表記してはどうか

学力テスト-学校ぐるみの不正発覚!

投稿日:2007年7月10日 カテゴリ:今、ガブッと教育

7月7日(土)、足立区立S小学校では、4月に実施された区主催の学力テストで校長ぐるみの不正が明らかに。区教委は記者会見でわびた。文科省の銭谷真美事務次官も9日、「一般論として、学力調査は子どもたちの普段の学力を把握して指導の改善に生かすのだから、対象となる子どもたちを集計の対象から除くことは適切とは言えない」と批判(朝日新聞、7月10日付)。
以下のような概略。ここには学力テスト問題がかかえる“本質”が浮き彫りになっている。

  • 校長を先頭に教師が机間巡視中に、誤答を指で示し正答に直させる。6人の教師の告発
  • ADHDなど、多動性障害の児童の答案3枚を保護者の了解もとらずに抜いて区に報告
  • テスト2~3週間前には「過去問」を徹底練習-9割が前年と同様の問題であった
  • この結果、05年度は72校中44位だったものが、06年度は何と1位に
  • ところが、07年度は問題ががらりと変わったら「実力」を発揮できず(?)これまた何と59位に転落
  • 得点力と“順位アップ”作戦が結局は44位から59位へ「学力を落としていた」ことの意味は大きい。練習問題ばかりでは、正規の授業が進まず、必ずこのように学力低下を招く
  • 全国一斉学力テスト(文科省)も、以上のような問題を抱えたことでは本質的に同じである
  • 全国学力テストの実施方法も見直さないと、各地で不正があり、このままでは日本の子どもの学力低下、学校のモラル低下、子どもたちの教師不信が広がりかねない/li>
  • 足立区は学校選択が自由なために、少しでも順位を上げ児童を確保しようとS校は考えたのだろう
  • 足立区ではテスト上位校には予算も多く配分されるなど“競争原理主義”が貫かれている。早急に全国的に見直すべきだろう

心に残る食べもの

投稿日:2007年7月1日 カテゴリ:エッセイ

「記憶に残る一品」なら、少し目をつむると、次々に浮かんでくる。北海道から沖縄まで、全国各地を講演活動で歩き回っている私にとって、「味の一品」なら数え切れない。

ところが、“心に残る一品”となると、文句なく「素うどん」。これ以外にない。

素うどんとは、紛れも無く、あの何の具も入っていないうどんのこと。アメ色がかった透き通る関西風のツユに、ゴツゴツとした太い手打ちの麺。緑色の長ネギに薄切りの紅いかまぼこが2切れ。色も鮮やかに白い麺の上に添えられていた。

「直樹、お誕生日に何が食べたい? 何でも好きなもの言ってごらん。お母さん腕によりをかけるからね」

小学校低学年の頃。誕生日を翌日に控えた朝、母が私にこう尋ねた。

私は即座に「おうどんがいい」と答えていた。

「えっー、そんなのでいいの」

母は私をのぞき込むように、真顔で聞き返したそうだ。

ミルクなどの物資不足もはなはだしい終戦直後、私は未熟児で生まれた。おまけに母乳がほとんど出なかった母は、大根などのおろし汁に工夫して甘みをつけたものを、涙を流しながら私に飲ませていたという。

だから、お誕生日くらい、栄養のあるごちそうを思いっきり食べさせてやりたいと願っていたようだ。母には、誕生日の食事には特別の思い入れがあったに違いない。それなのに、意外にもわが子は“素うどん”をリクエストしたのだから、母もびっくりしたことだろう。それなら、と余計に心をこめて麺を打ち、煮干をたっぷり入れたツユを仕込んだに違いない。

私はあまり上手とはいえないハシ使いながらも、そのうどんを一生懸命つまんでツルツルと飲み込んだ。あの、のど越しのゴツゴツとした感触。あれこそきっと、「大きくなれ、丈夫になれ」と願った母の祈りそのものだったのかもしれない。

いつまでも「心に残る」、私だけの一品である。

(『食べもの通信』2007年7月号より)

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。