書籍情報

第4回:新型インフルエンザと今後の教育課題

投稿日:2009年5月29日 カテゴリ:教育insight

■吹き荒れた「新型インフルエンザ疾風」

新型インフルエンザ発生の影響で、一週間の休校措置をとっていた大阪、兵庫、滋賀、京都などで、今週一斉に休校が「解除」となった。多数の生徒の感染者を出した大阪の関西大倉高校も、6月1日に2週間の休校が解かれる。子どもたちの登校姿をテレビで観るだけで、こちらまで何だか元気が出てくるから不思議である。

この間の一連の「騒動」を整理してみると、この新型インフルエンザが教育界に与えた影響は深刻なものがある。

相次ぐ休校措置で、子どもたちは長期間家に閉じ込められた。友達との遊びも外出もままならなかった。そればかりか、目に見えぬウイルスとの闘いは精神的にも辛く、落ち着かない不安な日々であったことだろう。

文科省の調査では、5、6月中に国内修学旅行を計画している公立の小中高校のうち、中止または延期した学校は、全国で2594校。中止・延期した学校が最も多かったのが近畿ブロックであったという(5月22日段階)。また、海外修学旅行の中止・延期は、国内への変更も含めると、5/12~5/22の間だけでも、403校にも上っている。

また、中高生が参加するスポーツ大会は関西を中心に次々中止に追い込まれ、文化行事や「神戸まつり」など自治体のイベントの中止も相次いだ。せっかく子どもたちが待ち望んでいた出番も奪われてしまった。

突然の中止通知に、長期間、練習を重ねてきた努力やコンディション調整のための厳しい生活コントロールと体力づくりも実を結ぶ機会をなくした。成功や達成の夢を追いかけてきたこの間の“青春の心”はどれほど揺らぎ、壊され、希望を失ったことだろうか。いや、そればかりか、スポーツ推薦がもらえなくなるなど、将来の進路にまで大きな影響を与えた恐れさえある。これら、子どもたちが受けたショックの大きさを考えると、柔らかな心についた傷が心配である。

■露呈された多くの問題

それにしても、今回の新型インフルエンザ“騒動”は、日本の国の危機管理の危うさや教育界の官僚的な体質の問題点をも見事にあぶり出した。

その一つが、前回の「教育insight」でも述べたように、各都道府県教育行政による官僚的な紙切れ一枚の中止通知が相次いだことである。そのあまりに機械的な対応に終始した点である。

二つめは、当初、修学旅行のキャンセル料は、保護者負担にすることを前提に進んでいたことである。今回のように国家的な危機管理の大ワクの中で、都道府県の行政通知によって、やむなく延期や中止にするのであれば、その負担は当然、国や都道府県など行政が持つべきであろう。その証拠に、5/25に政府はキャンセル料については公費負担の方針を打ち出したほどである。この点、何でも受益者負担や自己責任にしてきた教育界の精神状態を見せつけられた思いがする。

三つめは、ニューヨークから帰国した高校生2人から新型インフルエンザが検出された私立洗足学園が、幼稚園から大学院まで1週間も休校処置をとらざるを得なくなった「事件」(?)である(5/28休校解除)。

発症した生徒たちは、国内感染者でもなければ、発症してから一度も登校しておらず、他に広がる恐れは全くないにもかかわらず、学園には誹謗・中傷の電話や嫌がらせメールが殺到。その結果、学校はいわば「お詫び休校」的措置をとらざるを得なかったのである。

これらの学園への犯罪的な誹謗や中傷に対して、厚労省や文科省はもちろん、県や市も、防止のための何らかの有効な対策を講じることはなかった。学校や生徒たちを守ろうと動かなかったことは強く批判されて然るべきであろう。また、メディアも公正な姿勢や社会的正義の視点から、このような「社会的パニック」状態に対して、的確に警鐘を鳴らせなかったことも残念である。今後の教訓として活かすべきだろう。

そもそも、今回の新型インフルエンザに対する国の対策が強毒性の「鳥インフルエンザ」対策に基づくマニュアルだったため、的外れもはなはだしい過剰対応ばかりが目についたのである。

麻生首相などは、テレビを使った政府広報で「政府からのおしらせです」などと抽象的な警告をオーバーにPRするばかりであった。これでは、「あまりにも選挙目当てで、何とあさましいことか!」という批判が飛び交ったのもやむなしであろう。今日の日本社会の現状は、子どもの命の安全や正義に満ちた教育環境を守る近代的国家とはとても言い難い状況であることも明らかになった。

■急げ!子どもの心へのケア

今、私たちは、修学旅行やスポーツ大会などの相次ぐ中止で大きなショックを受けている子どもたちの心を丸ごと受け止め、丁寧にケアし、学校教育を立て直すために、緊急に以下の2つに力点を置く必要がある。

第一には、「見える被害」への対応である。

例えば、修学旅行やスポーツ大会、地域の文化行事、子どもの発表会など、困難はあっても、必ずやり抜く覚悟でスケジュールの調整に入ってほしいものだ。特に子どもが参加したり、出場したりする出番のある行事や場面は、たとえ規模を大幅に縮小してでも、実施してほしい。文科省ですら、修学旅行については「教育的意義や児童生徒の心情から、実施を取りやめる場合も中止でなく延期扱いとする配慮をお願いしたい」としている。「改めて旅行を実施するよう」全国の教育委員会や学校に要請したほどである。

さらに、心をケアする当面の教育実践としては、楽しみにしていた修学旅行の中止や出番が失われたことへの悲しい「思い」を作文などにありのまま綴らせたりしながら、教師はまずその心情をまるごと受け止め、共感することである。

「先生がわかってくれた」「友達も同じ思いだったんだ」とわかるだけで、子どもたちは心が軽くなり、元気を回復していくに違いない。教育行政は、決してカウンセラー頼みの心理主義に陥ることなく、一刻も早く、学校生活の場を通して、ケアの要となる担任教師が動きやすい教育条件や環境整備を急ぐことが求められる。

第二には、子どもたちにも今回の出来事を一度突き放して相対化させることである。総合学習的な視点から、今回の事態を「学習対象」化して、冷静に、総合的に分析することである。

マスクが店頭から消えるといった一連の社会的パニック状況、新型インフルエンザの検疫体制に問題点はなかったのか、陽性であっても、30~40%も陰性反応が出ていたという「簡易キット」の信頼性の問題など、論点はたくさんある。こうした貴重な経験を風化させることなく、子どもたち自身に「なぜ」「どうして?」という“批判的な思考力”“洞察力”を発揮させながら、今回の社会的パニック体験を単なる「体験」で終わらせることなく、力強い問題解決型の「知力」へと高めることが大切である。そのまたとないチャンスでもある。

こうした「体験の相対化」を通じて、子どもたち一人ひとりが広い科学的な視野を獲得し、自分で考え、判断できる力量を育てるのではないだろうか。

2009/5/29 Fri.

投稿日:2009年5月29日 カテゴリ:虹の小噺

昨日に引き続き、雨が降っております。風が吹くとほぼ横に降ってくるので、傘をさしても足がしっとりしてしまいます。そんなに強くない雨なのがせめてもの救いでしょうか。。。

さて、臨床教育研究所「虹」では、時宜に応じた調査・研究活動に取り組んでおり、その成果をレインボーリポートとして報告しております。昨年夏~秋にかけて、全国で行ったインターネットに関するアンケート調査報告書がようやく完成しました!今回は「分析編」「データ編①」「データ編②」の、なんと3分冊です。
中・高生のインターネットの利用実態だけではなく、大学生には利用実態と共に中・高生へのネット利用に関するアドバイスなども聞き、さらには保護者・教職員にも調査しております。購入をご希望の方は、当方までお電話もしくはメールにてご連絡ください。

また、レインボーリポートのデータをふんだんに利用した著書が、岩波ジュニア新書『「ケータイ時代」を生きるきみへ」(2009年4月刊行)です。こちらは「書籍のご案内」コーナーからご確認・ご購入いただけますので、この機会にぜひ一度お手にとってくださいませ。よい週末を。(N)

週刊朝日(2009年6月5日号)に尾木直樹のコメント記事掲載

投稿日:2009年5月28日 カテゴリ:コメント

豚インフルエンザ関東上陸! 舛添厚労省五つの大罪
全国一律休校で混乱を深めた

空港検疫とともに、厚労省が強く求めたのが「感染者が見つかった都道府県全域での休校」だった。
感染者は登校させないのが原則の欧米では、一律休校はほとんど見られない。これに対して、厚労省の担当者は反論する。
「学校はインフルエンザが蔓延しやすいところですから…」
しかし、関西での惨状を知ってか、20日に初の感染者を確認した東京都は休校せず、厚労省の方針に「反旗」を翻した。
「状況に応じて、適切に、かつ弾力的に判断します」
都総務局総合防災部の担当者は言う。
こうした事態に厚労省も22日になってようやく、患者の急増地域では学校単位で臨時休校できるよう対策方針を見直した。それでも、幹部はなお休校の必要性を強調する。

【尾木直樹のコメント】

休校措置はやむを得ない地域もありましたが、教育界にとって歴史的な汚点です。若者の学力低下が叫ばれている中、国が自らの分析力や判断力、情報処理能力の低さを露呈することになりました。

2009/5/28 Thu.

投稿日:2009年5月28日 カテゴリ:虹の小噺

昨日とはうって変わって、朝から激しい雨が断続的に降っていますね。昼間とは思えないほどの暗さ。。。雷の前触れでしょうか(*_*;

昨日は慌しい一日でした。法政大学で尾木が教えている「現代社会と家族」は、今回で3回目の教室移動です。オギ☆ブロで新しい教室(ホール)の様子を写真でご紹介していますが、最上段の席からみると尾木が豆粒のように小さく見えました^^; もともと講演会や式典用に作られたホールなので、講義をするにはかなり厳しい状況です。書画カメラなるOHPのようなものがあるようなので、いろいろと工夫しながら最後まで尾木と頑張りたいと思います。

そういえば、東京六大学野球・春季リーグでで見事法政大学が優勝しましたっ!!!
激闘の末、9回にサヨナラという劇的な勝利ヽ(^o^)丿ヽ(^。^)ノ
6季ぶりの優勝ということでキャンパスはお祝いムードで大いに盛り上がっています。6月4日木曜日には優勝パレードもあるそうで。野球部の皆さん、おめでとうございま~す(^^)/~~~(W)

サンデー毎日(2009年6月7日号)に尾木直樹のコメント記事掲載

投稿日:2009年5月27日 カテゴリ:コメント

総力取材 感染列島  被害者・洗足学園襲うバッシングの愚

「お騒がせして申し訳ありません」
苦渋の表情を浮かべ声を震わせながら、洗足学園高校の校長がこう謝罪した。首都圏で初めてとなる新型インフルエンザ感染者を出した同校で、5月20日に開かれた会見でのことである。
洗足学園高校は、音大、短大から幼稚園までが同じ敷地内にある総合学園。中高一貫教育の明るく自由な校風が特徴だ。
そんな同校にいま、非難や中傷、抗議の電話が殺到しているのだという。
「こんな騒ぎを起こしたのだから、誠意を見せろ」
「うちの子が同じ電車を使っている。感染したら責任を取ってくれるんだろうな」
といった因縁から、
「ふざけるな、バカ野郎」
と、一方的に怒鳴り続ける人も多いという。
「21、22の両日で約100件の電話がありました。職員10人で対応しましたが、多くの方が1時間以上お話しになり、ほかの仕事がまったく手につかない状況でした」(洗足学園事務局)

【尾木直樹のコメント】

万全の態勢を整えた上での(模擬国連への)参加で、学校の判断は間違っていなかったと思います。ある意味、学校は被害者なのに、犯罪者のように非難の電話をかけてくるのは、一つには匿名性による嫌がらせ、いま一つはヒステリックなパニックに陥っているのでは。あまりにも悪質なものには、法的な手段を講じるべきでしょう。

2009/5/27 Wed.

投稿日:2009年5月27日 カテゴリ:虹の小噺

外に出ると日差しがギラリとしていますが、室内にいる分には、風も通ってさわやかな1日です。しかし、紫外線は容赦なく降ってきます。心なしか焼けたような。。。

本日尾木は大学へ出講しております。あまりにも受講者が多い講義が、本日から教室変更になりました。正確には、ホールに変更です。
ホール。これはもう講義というより、講演になってしまいそうです。機材も今までの教室と同じものなら良いのですが、どうなのでしょうか。今日は尾木も同行しているスタッフもあわあわしていることでしょう。空き時間には取材も入っており、多忙な1日となりそうです。
今週発売のサンデー毎日に尾木のコメントが掲載されました。書き物箱中の「コメント」コーナーにアップしておりますので、どうぞご覧ください。

2009/5/26 Tue.

投稿日:2009年5月26日 カテゴリ:虹の小噺

暑い1日でした。気象庁によると、今年の夏は平年並みもしくは平年より暑い夏になるそうで。8月には雷雨も多発する見込みとのこと。日曜日に激しい雷雨があった際、部屋のテレビが映らなくなった身としては、雷氏にはもう少し穏やかに鳴ってくださいと申し上げたい気持ちです。

昨日あの世へと旅立った「しょうちゃん」と、今朝お別れをしてきました。Wも申しておりましたが、独特の鳴き声を持つしょうちゃんが何を喋っているのか、想像するのが楽しかったものです。「うおおぉ~ん」と鳴くしょうちゃんに、低音ボイスでアテレコして勝手に楽しんだり、彼の鳴き声を時報代わりにしたりしていました。こんなふうにお世話になっていたので、本当に寂しいです。
尾木は本日、しょうちゃんを見送った後に番組審議委員会に出席してまいりました。(N)

2009/5/25 Mon.

投稿日:2009年5月25日 カテゴリ:虹の小噺

早いもので5月も最後の週となりました。尾木は早朝から教育実習の指導で、葛飾→吉祥寺とふたつの学校を回って実習生達を励ましてきました。そういえば中学生の頃、かっこいい教育実習の「先生」が来ると、クラスの女の子達は大騒ぎでしたね~。実習生さんたち!頑張ってくださいね!(^^)!

今日は悲しい出来事がひとつ。
尾木の飼い犬の「しょうちゃん」が夕方、突然死んでしまいました。。。(ToT) 先日、オギ☆ブロにも写真入りで登場した白い大きなわんちゃん。いつもと泣き声が違うなぁと思って心配していたらあっという間に逝ってしまいました。。。私はしょうちゃんが「ワンっ」と鳴くのを聞いたことがありません。しょうちゃんはいつも「うぁぁうぉぉお~ん くう~ん おぉ~ん お~ん」と何かをしゃべっていました^^; きっと「お腹すいたよ!今日はね、外は暑くってね」なんて言ってるんじゃないかと勝手に想像して楽しんでいました。あの鳴き声が聞こえなくなるのかと思うととてもサミシイです。(W)

読売新聞(5月16日付)に尾木直樹のコメント記事掲載

投稿日:2009年5月22日 カテゴリ:コメント

教育ルネサンス 検証 橋下改革7  補講・合宿で進学強化

東大、京大合格者300人―。そんなスーパー進学校が誕生するかもしれない。
大阪市淀川区の府立北野高校。手塚治虫、梶井基次郎ら数々の才人を輩出した創立136年の名門は、府内屈指の進学校としても知られる。
4月の昼休み。3年生の教室で、生徒6人が前回の数学演習で出された問題の解答を黒板に書き始めた。通常より長い65分の授業時間を少しでも無駄にしないよう、チャイムと同時に教諭が解説を始められるようにするためだ。
始業時間は午前8時10分。土曜も大半の生徒が登校し、補講を受ける。3年生の場合、夏休みは20日しかなく、残りは授業に充てられる。
2008年度、京都大学と大阪大学に計111人(現役74人)が合格した。男子生徒は「授業をしっかりやれば、第一志望に受かるはず」と信頼を寄せる。
土曜補講を後押しするのが、府教委が昨秋創設した特殊勤務手当だ。以前は教員が無償で行うしかなかったが、現在は「6時間以上の土曜勤務で日額2900円」などの基準で支給されている。教員らは「金額はわずかだが、現場の努力に報いようという姿勢を感じる」と歓迎する。

【尾木直樹のコメント】

こうした取り組みには「府立高校の予備校化」との反発も強い。ある校長は「難関大志望者が優遇されるだけ」と批判。
尾木直樹は「部活や行事で生徒を伸ばす公立の利点が失われる」と警鐘を鳴らす。

2009/5/22 Fri.

投稿日:2009年5月22日 カテゴリ:虹の小噺

今日は風の強い1日でした。雨が降る、という天気予報を聞いていたのですが、今のところまだ降ってはいない模様です。

本日尾木は「虹」にて原稿執筆に集中しておりました。その間にいくつか取材をお受けしたのですが、すべてインフルエンザに関係する話題でした。昨日のJ-WAVEもそうですが、やはりインフルエンザに対する関心は高いようです。
しかし、昨日もちらりと触れましたが、感染した高校生の学校や生徒自身を非難するような声が多く出ているとのことで、大変残念です。ただでさえ病気になって心身ともに疲弊している生徒さんが、これ以上余計なものを背負わずに済むとよいのですが…。学校の先生方のご苦労や、ご本人の受けた傷を考えると、心ない抗議・中傷に対して憤りを覚えずにいられません。本っ当に腹が立って仕方ありませんし、何やら情けなくなってしまいます。。。
こういった事態が続いているのですから、厚労省も何らかの対策を講じるべきなのではないか、とスタッフ間でも話題になっておりました。

さて、5月16日付の読売新聞に尾木のコメントが掲載されました。書き物箱中の「コメント」コーナーにアップしておりますので、どうぞご覧ください。よい週末を。(N)

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。