書籍情報

第6回:「いじめ8割経験―どの学校でも」は本当か?

投稿日:2009年6月30日 カテゴリ:教育insight

■衝撃のデータ発表に

「いじめ8割経験―小中学生、被害・加害ともに」(「日経新聞」09年6月26日付夕刊)、「いじめどの学校でも―小中校を3年追跡」(「朝日新聞」―09年6月26日付夕刊)、「規律重視でいじめ潜在化?」(「東京新聞」09年6月27日付朝刊)
などと報道された、国立教育政策研究所のいじめの追跡調査結果について考えたい。

概要によれば、小4~6年、中1~中3年とも、3年間で8割の児童・生徒がいじめの被害にあったり、加害者になったりしているという。したがって、「いじめは誰でも巻き込まれ得る」「ピーク期などはない」と強調している。さらに、このようなすさまじい「実態」にもかかわらず、学校の教師たちが「未然防止の取り組みが広がらない、効果をあげない要因の一つに、教師自身がいじめに対して十分な認識を持ちえていない点をあげ」「いじめに関する校内研修の少なさも関係している」として「いじめに関する校内研修ツール」まで作成した。「至れり尽くせり」ではある。

■「記名式」のデータを見ると

もう少し詳細に見ると、調査は2004年から06年度にかけて、首都圏のある市の小中学校19校で、小4~中3の全員に“記名式”で実施。1学年あたり800人程度を対象に毎年6月と11月に1・2学期の「仲間はずれにされたり、無視されたり、陰で悪口を言われたりした―1週間に何度も、1週間に1回くらい、1ヶ月に2~3回くらい、今までに1~2回くらい、ぜんぜんされなかった」などと、体験を尋ねたものである。

昨年度中1だった生徒の同年6月の回答では、いじめ被害の回数は、「週1回以上」が8.2%、「月2、3回」が9.8%、「学期に入って1、2回」が23.7%、「全然ない」が58.4%。

その後の5回分の推移を分析すると、週1回以上は6.7~14.3%。3年間にわたり、6回とも週1回以上被害にあっていると答えた割合は0.3%。反対に、3年間でいじめ体験が全然なかった生徒は19.7%にとどまった。

同研究所は、「被害者は常に入れ替わっている。いじめっ子、いじめられっ子は特定の子という考え方を改めてほしい」(「日経新聞」、前出)としている。

一方、文科省の問題行動調査によると、2007年度に全国の小中高が認知したいじめ件数は約10万件で、前年度よりやや減少している。

■5つの気になる点

ところで、一見、緻密で「貴重」な調査に思えるのだが、私はこの調査には大きな疑念を抱かざるを得ない。

・なぜ記名式なのか

その第一は、なぜ「記名式」なのかという点である。
いじめの被害体験を、毎年6月と11月の1年に2回、3年にわたって計6回もその辛い記憶を呼び戻させ、調査しなければならなかったのかという点である。

3年間もいじめが継続した被害者にとっては、この調査がその都度いかに苦痛であったことか。おそらく、3年間いじめ続けられていた児童・生徒の中には、調査だけして、学校側が少しも止めてくれない現状に、途中で半ばあきれ果て、半ば怒りを感じたのではないか。正しく答えないで済ませた子どもも少なからずいたはずである。これは、いじめ被害者の心情に立てば、現場教師なら決して採用しない調査手法であり、極めて非教育的で残念といわざるを得ない。

「アイヒマンテスト」とも「ミルグラムの実験」とも称される残虐行為を果たす人間の心理実験は、調査の価値は高いものの、その非人間的な実験・研究手法に批判が集中したことがある。

それに類した不快さを感じるのは、現場教師経験の長かった私だからなのだろうか。杞憂であればうれしい。

・これがいじめ調査?

第二には、「いじめ」という文言を使用しないで調査を実施している配慮はよいのだが、「いじわるや、イヤなこと」体験と「いじめ」は果たして同質だろうか。イコールと定義してよいのだろうかという点である。

正確に言えば、子どもは誰でも、「いじわるや、イヤなこと」の加害・被害両方とも経験している。微妙だが、「いじめ」と「いじわる」は明らかに違っている。なぜなら「いじめ」は反撃のしようがないのだが、「いじわる」や「イヤなこと」に対しては、反撃、反論できる場合も多いからである。それが不可能になった段階でいじめに転化するのではないか。したがって、本調査は「いじわる」「イヤなこと」調査に陥った可能性が高い。

むろん、同研究所もその辺りを気にしているのか、このような行為が単純な“嫌がらせ”ではなく、いじめなのだとにおわせるメッセージを発そうとはしてはいる。しかし、何ともまどろっこしい表現で、恐らく調査する側のこのような配慮に気づいてくれる子は少なかったのではないか。アンケート調査の質問は「シンプルでわかりやすく」が大原則である。その意味では、本調査の質問の前文は、あまりに長すぎる。

・いじめのピークは文科省データが示している

第三には、いじめの「第3のピーク期」はなかったという捉え方である。これは、前述のような概念に基づいて子どもに問えば、「いじわる」や「嫌がらせ」もすべて「いじめ」と捉えている可能性があり、そうだとするならば、「ピークなどない」というのは実に的確な分析といえよう。

しかし、「いじめ」と「嫌がらせ」は似てはいるが、明白に違っている。だからこそ、いじめの文科省調査では、数字としてはピーク期が出現しているのである。

・誘導的な「Q&A」?

第四には、追跡調査報告の「Q&A」があまりにも作為的すぎないか、という点である。全体的に“教えてやる”といった雰囲気で、「上から目線」に貫かれている。これでは、現場の教師は不快感を覚えるのではないか。

・気になる「上から目線」

第五に、その「上から目線」は「生徒指導支援資料」にも端的にあらわれている。「いじめに関する校内研修ツール」は、あまりに現場教員をバカにしていないか。とりわけ「研修会実施要領」の構成内容はどうしたことか。一部を抜粋してみよう。

0.開会

「これから、○○学校の第△回目の生徒指導研修会を行います。

1.校長あいさつ(3分程度)

研修担当者 ・最初に校長先生から、お話をいただきます。

2.研修会の流れの説明(3分程度)

研修担当者 ・では、この後、私の説明に沿って、研修を行っていきますので、よろしくお願いします。(以下略)

(出典:「『いじめに関する行内研修ツール』を用いた研修会実施要領(実施担当者用)」p.5)

これでは、まるで幼稚園か何かの「発表会」の進行台本ではないか。このような力量しかない教師が、どうして人権教育の視点からいじめ問題を捉えて、創造的な取り組みを行うことができるだろうか。

■視野狭窄のマニュアル信仰―もっと大局的に

この国研のいじめ研修の手引きは、あまりにもマニュアル信仰に陥ってはいまいか。問題の本質は、このようなバカ丁寧さ、過保護な手法ではない。

なぜ現場の教師がいじめ発見や防止教育に成果をあげられないのか、「上から目線」ではなく、現場教師の苦悩を聞き取り、受け止めることからはじめるべきだろう。

厳しい言い方になるが、国研はこのようなエネルギーを文科省の施策の問題点研究に費やした方が、広い視点の科学的分析と方針が出せるのではないか。

とにかく、がっかりさせられた「成果物」である。国立教育政策研究所の調査研究と成果物としては、あまりにも自己満足的で残念としか言いようがない。

2009/6/30 Tue.

投稿日:2009年6月30日 カテゴリ:虹の小噺

昨日は「梅雨らしい」との天気予報をまったく裏切る晴天でしたが、本日はまさに、梅雨らしい蒸し蒸しとした空模様。天気予報が外れないかな・・・と期待して朝起きて、カーテンを開けてみましたが、残念ながら予報的中でした。

雨が降ると、普段は気がつかないような匂いや香りが「立つ」なぁと、駅までの道を歩いていて思いました。まずは、近所の庭先に咲いたクチナシの花の香り。昨日よりいっそう、鮮やかな香りを放っています。そして、いつもより速い川の波音とともに流れてくる、水草のにおい。ぬかるんだ土のにおい。それから、どこかの家から漂ってくる、美味しそうな朝食のにおいまで・・・。どよーんとしたお天気に、軽く滅入っていた朝でしたが、シャキッと目を覚まされたようでした。

今日でいよいよ6月も最終日。尾木、スタッフ一同、虹にて五感を冴え渡らせて(?)、がんばっておりますp(*^-^*)q(ちや)

2009/6/29 Mon.

投稿日:2009年6月29日 カテゴリ:虹の小噺

今日も暑いですねぇ。いつの間にか夏至も過ぎており、週末は関東で「今年一番の暑さ」を記録したとか。私はその日初めて扇風機をつけたのですが、つけていても汗が出てきておかしいなぁと思っていました。今年一番の暑さじゃ効かないはずです(^_^;)

日中は暑い日々が続きますが、朝晩はまだ涼しいですね。窓を開けていると、心地よい風が入ってきて、なんともいい感じです。この「いい感じ」を味わいたくて、寝る時も窓は開けっ放しにしている私です。誰もが「危ないからやめなさい」と言うのですが、なかなかやめられずにおりました。
しかし先日、「マンションの7階にある女性宅に男がベランダから侵入」というニュースを見て衝撃を受けました。7階のベランダから侵入できるということは、2階なんてちょろいもんです。よほど衝撃的だったのか、その晩の夢で、私の部屋は男に侵入されていました((+_+))ブルブル
というわけで、今では小窓だけ開けるようにしています。何かと物騒な世の中、おちおち窓も開けて眠れないのが、少しさびしいですね。

週末に連続講演の入っていた尾木。現地の方々には大変よくしていただいたようですが、やはり無理がたたったようで、また腰痛がぶり返している様子。明日には病院に行ってもらいたいと思います。
さてさてそんなわけで6月最後の週が始まります。というか6月はあと2日で終わります。ついでに上半期も終わります(@_@)暑さに負けないように頑張りたいと思います( `‐)q (N)

2009/6/26 Fri.

投稿日:2009年6月26日 カテゴリ:虹の小噺

ぴっかぴかのお天気です。そして暑い(+_+) 関東では、晴れ間は土曜日まで続くそうですね。

晴れてはいますが、せっかくの(?)梅雨ですから、梅雨らしい話題を。
梅雨といえば紫陽花。このコーナーでも何度も触れている花ですが、花が咲き終わると根本の方からばっつんと切ってしまいますよね。子ども心に何でだろうと思っていたのですが、理由は簡単で、ものすごく大きくなるから、なんですね。
これまで、上手に手入れされてきた紫陽花しか見たことがありませんでしたが、つい先日、とても自由に放置…もとい、育てられた紫陽花を見ました。マンションの庭にある紫陽花でしたが、マンション1階のベランダを覆い尽くすほど立派な紫陽花でした(@_@) あのままいけば、そのまま2階も飲み込みそうです。本では、山ほどになっている紫陽花を見たことがありましたが、実際に見たらものすごい迫力なんだろうなぁ、と口をぽかーんと開けながら見つめていました。
などと紫陽花の話をしていたら、何だか雨が恋しくなりました。
あの花にはやはり雨が似合いますね(*^_^*)

さてさてそんなわけで今週も終わります。ついでに6月もあと少しで終わります(!!)尾木はこの週末に講演が2本連続で入っていますが、腰には気をつけてもらわねばと思っております。皆様もよい週末を。。。(N)

2009/6/25 Thu.

投稿日:2009年6月25日 カテゴリ:虹の小噺

今日は貴重な梅雨の晴れ間ですが、この「じめぇ~」っとした蒸し暑さはしんどいですね(-_-;)

早いもので6月も残りわずか。。。大学の前期授業もあと数回を残すだけとなりました。今年は新しい講義「現代社会と家族」がはじまり、思いがけず大人数となったため、教室の変更や講義内容の見直しなどいろいろと大変でした。尾木は、大人数だけどできるだけ参加型の双方向授業にしたいと毎回知恵を絞っています。この講義では、現代的な事象を通して見えてくる「家族」についてさまざまな角度から捉え、あらためて「家族」とは何か、という難題に向き合っています。ミニレポートの整理をしていると、それぞれ自分が育ってきた家庭や家族関係を振り返りつつ、「家族」について思いをめぐらしている様子が伝わってきます。「家族」というのは近すぎて、なかなか客観的にみることができませんよね。形態も多種多様なら、その在り方もバラバラ。。。“無条件の愛”って何だろう、親の役割って何なんだ?などなど、次々とつきつけられる難題に、学生さんたちはみんなとても真剣に取り組んでいます。家族間殺人や親殺し、子殺しが多い現代にあって、「家族」をつくる難しさ、「家族」を営む難しさを感じます。

ところで、学生さんたちのミニレポート(毎回、手書き)のなかに、時折びっくりするような誤字・当て字があって思わず笑っちゃうことがあります。この前は「発破をかける」が「葉っぱをかける」になっており、最初意味がわからなくてフリーズしてしまいました(~_~;) 「真実」が「心実」、「判断」が「半段」とか(音しかあってない!!!)、ほかにも絵文字やイラストがたくさん書いてあって、みんなケータイ世代なんだなぁとつくづく感じます。かく言う私も、最近はパソコンばかりで字を「書く」ことが少なくなってきていますが、たまにはメールではなく、手紙を書いてみようかと思っています。そうだ、さっそく暑中見舞いからはじめてみましょうか。。。かもめーる買ってこよ!(W)

2009/6/24 Wed.

投稿日:2009年6月24日 カテゴリ:虹の小噺

午前中は大雨で、駅から虹に辿り着くまでに濡れネズミになってしまいました。ついでにお弁当を入れていた紙袋もふやふやになっていました。ちょうどいい大きさだったのに。。。(;_;)

6月の花といえば紫陽花。紫陽花につきものなのがカタツムリです。小学生のころはどこからともなくカタツムリを拾ってきては、友だちとリレーさせていました。コース上に砂糖水を一筋ひくのがミソですよね。エスカルゴが食用カタツムリだと知ったのも小学生の時ですが、あの衝撃は今でもリアルに思い出します。
カタツムリによく似ているのがナメクジ。この時期ですと、外に放っておいた植木鉢を持ち上げようとしたら「ニュッ」という手触りが…なんて経験が、皆さんにもあるのではないでしょうか。ブルブル((+_+))
ナメクジといえば塩ですが、小学生の時にふと疑問に思い、砂糖をかけたことがあります。とけました。調べてみたら何のことはない、ナメクジは塩の成分にやられているわけではなく、浸透圧によって体の水分を吸い取られてしまうんですね。だから砂糖でもとけちゃうようです。何にせよ、小学生はこうした残酷な実験を行います。申し訳ないナメクジ。
今ふと疑問に思ったのは、「ナメクジレースに砂糖水を使用してもとけないか?」ですが、浸透圧の問題ならばとけませんよね。大人になりましたし、これを実験するのはやめておこうと思います。「ナメクジレース」の予定もありませんしね。

さてさて、本日尾木は大学の出講日。間には取材も入っていますし、今日も忙しい1日になっています。昨日、単著原稿を入稿してホッとしたのも束の間。「休憩時間に取材対応お願いしまーす」と笑顔で鬼になるスタッフでした。(N)

2009/6/23 Tue.

投稿日:2009年6月23日 カテゴリ:虹の小噺

今日はなんと東京も真夏日の暑さ!しかも蒸し暑い!それでも尾木は朝から仕事に飛び回っております。

今日の虹からのトピックスはなんといってもコレ、単著の原稿を出版社に入稿したことです(^_^)v
オギ☆ブロをチェックしてくださっている方はご存知かと思いますが、このところ尾木は原稿の執筆とゲラチェックに追われておりました。休日返上の過酷なスケジュールになってでも(!)、心を鬼にしてでも(!)、〆切に間に合わせるべく進めてもらうのが、我々スタッフの仕事のひとつ。よく、出版社の編集者が作家を〆切に追いこんでいますが、尾木の場合、虹の中にも尻を叩く鬼がいるのです。

もちろん、尾木の体調管理も忘れちゃいけないだーいじな仕事ですが。原稿の執筆とゲラチェックは、目や頭だけでなく、腰にも負担がズーンとかかりますからね。

だからこそ、原稿が手を離れたときの解放感と達成感はひときわです(>_<)尾木とスタッフ一緒になってホッとするひとときです。

でも!本が形になるまで、まだ一山二山あるのです。それはまた追々ご紹介することとして。

まずはヒトヤマ越えたご報告でしたo(^-^)o(ちや)

2009/6/22 Mon.

投稿日:2009年6月22日 カテゴリ:虹の小噺

ものすごく湿気を感じます。九州では給水制限を始めた自治体があるほど、降水量が平年を下回っているようですが、島根では大雨警報が出ていました。この週末にまとまった雨が降った地域もあるようですね。個人的に雨は好きですが、全身の関節が弱い身としては、この時期は関節が痛く、ついでに頭も痛く、さらには髪もうねってしまうという辛い時期です。今朝起きたら前髪がきれいな七:三になっていて笑えました。

さて、先週金曜日、尾木の講演に同行いたしました。

県内にあるすべての高校のうち、8割ぐらいの高校から先生方が参加されていたようです。進路指導担当の先生が多く、「格差社会が起こす教育の危機~今、進路指導に望むものは~」という演題の講演を、熱心に聴いていらっしゃいました。

終了後、何人かの先生方と少しだけお話しする機会がありましたが、普通科や商業科、工業科、全日制や定時制など、どの高校でも何かしらの課題を抱えており、先生方の御苦労を感じました。

「それでも、生徒と接しているのは楽しいんですよ」とおっしゃった先生の言葉が耳に残りました。これぞ教育者ですね。おかげで(?)尾木の腰痛も小康状態に落ち着いたようです。


講演会の様子(いちばん遠くにいるのが尾木です)

さて、今週も始まりました。湿気と戦うだけでなく、仕事も頑張ってまいりたいと思います。(N)

2009/6/19 Fri.

投稿日:2009年6月19日 カテゴリ:虹の小噺

今日はこちらでは雨は降っていないものの、蒸し蒸しと梅雨らしい陽気です。

何かと気が滅入りがちなこの時節、私が楽しみにしていることの一つに、アジサイの観察があります。通勤・帰宅途中にアジサイの花を目で追っては、「お、今日は雨に濡れて、色鮮やかに艶めいてるな」とか「かたつむりはいないかしら」などと観察するのが楽しみ。

ところで、アジサイの色って、その土壌の成分が酸性かアルカリ性かなどによって、青に寄るか赤に寄るか決まってくるそうですね。また、開花からの日数によっても色が変わるので、「アジサイの七変化」と呼ばれるようです。

同じ株の花でも、赤みがかった部分と、青みがかった部分があったりと、なんだかうっとりロマンチックな気分にさせられます。その水彩絵の具で描いたようなタッチには、個人的には、いわさきちひろさんの絵を連想してしまいます。花のそばに、傘を差して赤い長靴を履いた、かわいい子どもがちょこんと覗いているような、そんな想像もしてしまいます。

さてさて、尾木は本日も北関東へ講演、そしてとんぼ返りで東京で会議と、慌しい一日を過ごしております。陽気が陽気なだけに、腰痛が悪化しないことを祈ります・・・。(ちや)

2009/6/18 Thu.

投稿日:2009年6月18日 カテゴリ:虹の小噺

梅雨らしいどんよりとした曇り空。尾木は相変わらず腰痛に悩まされています。こういう天気の日には古傷が痛むんですよね。うちの母は「今日は関節が痛むから雨」という独自の天気予報を展開しますが、かなりの確率で当たります!

日本各地では雨だけでなく、「おたまじゃくし」も降っているようで^^; どうやらつむじ風説が有力になってきたようですが、ある新聞で「今年はたまたま大騒ぎになっているが、実は毎年おたまじゃくしは降っているのではないか」という論説を読みました。確かに、普段気づかないだけで、私たちのまわりには不思議なことがたくさんありますよね。それに気づくか気づかないか、というだけなのかもしれません。言われてみれば、「金属片だらけのガードレール」なんていうのも騒ぎになりましたよね…。

初夏のせいか、そろそろ怪談や都市伝説をネタにした雑誌記事などを目にします。私が子どもの頃は、「すいかの種を食べるとお腹の中で芽がでるらしいよ」とか「海辺でフジツボを踏むと、足にフジツボがはえてくる」なんていう話で盛り上がったものです。当時は死ぬほど怖かった…(*_*; 今の子どもたちのあいだでも学校の七不思議は語り継がれているようですが、ケータイがよく登場するとか。こうした話も時代にあわせて進化していくのですね。(W)

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。