書籍情報

2009/9/30 Wed.

投稿日:2009年9月30日 カテゴリ:虹の小噺

9月最後の日です(!!)。月日が過ぎるのはどうしてこうも早いのでしょうか。先日「虹」のスタッフが漏らした「今年ももう終わりますね」という一言に、所内はあわやパニックになるところでした(^_^;)

先週あたりから原稿の作業で「虹」は大わらわでしたが、その状態は大して解消されておりません((+_+)) 終わったら次の原稿、そのまた次の原稿…という感じで、机の上がまったく片付きません。昨日・一昨日も「小噺」を更新する暇もなく作業を続けておりました。
加えて尾木は講演のピークが始まりました。本日も、地方で講演を終え、羽田に到着したその足で大学へ向かい、講義をしております。そして明日からはまた地方で連続講演、帰っても講演…。かなりの疲労が蓄積されるのでは、と傍から見ていてもドキドキします。でも原稿にも〆切があるので、宿題をたんまり持たせたりして、鬼ですね(^^)

新政権の大臣たちも大変精力的にあちらこちらに足を運んでいるようです。こういう時、政治家のバイタリティーはすごいなぁなどとつくづく思います。少しだけ見習って、「虹」も頑張ってまいりたいと思います。(N)

日本経済新聞(9月24日付)に尾木直樹のコメント記事掲載

投稿日:2009年9月25日 カテゴリ:コメント

学テで事前対策 鳥取の小中7校 成績開示影響か

文部科学省の全国学力テストの学校別結果を今月、初めて開示した鳥取県で、公立の小中学校のうち少なくとも7校が、今年4月のテスト直前に補習授業や過去に出題された問題の「練習」など事前のテスト対策を実施していたことが分かった。
昨年同時期の調査では実施していた学校はゼロだった。県が昨年11月に開示を決めたことを受けての動きともみられ「本来の授業が遅れた」との報告も上がっている。

【尾木直樹のコメント】
日常授業削られ学力つかぬ恐れ

学校別結果を開示すれば、少しでも数字を上げようとテスト対策に走ることになるのは当然。同じ問題を繰り返しやらせたら点数は上がるに決まっているが、それに時間を取られると日常の授業が削られ、本来の学力は付かない。学校を順位づけし、予算を傾斜配分させた東京都足立区で教員がテスト中に誤りを教える「指さし」が起きたように、鳥取でも不正が起きかねない。

2009/9/25 Fri.

投稿日:2009年9月25日 カテゴリ:虹の小噺

昨日・今日とやや暑い日が続いております。日差しがジリジリジリと容赦なく私の首を攻撃してきましたが、空気はもう秋なので、そこまで「暑い!」という感じではありませんね。

シルバーウィークはゴールデンウィークよりも30㎞以上の渋滞が多かったようですね。走行車数はむしろ減ったようなのですが、交通量が減れば渋滞も減る、などという単純なものではないようです。
渋滞の発生箇所として、以前は料金所が挙げられていましたが、ETC導入後、それは解消に向かいつつあるようです。次の課題としては「サグ・トンネル部」だそうで、渋滞解消に向けて研究が進められています。「トンネル」といえば、私がよく利用する北陸自動車道には、26連続トンネルというのがあります。少し間隔の空く場所もあるのですが、途中にインターチェンジやパーキング・サービスエリアが入っちゃうぐらい長距離にわたってトンネルが連続します。昔、片側通行だった時には事故が絶えなかったようですが、走ってみると納得…。天気のいい時などは目が追い付かなくて怖い思いをしました。運転には細心の注意を払って、事故など起こさないようにしたいものですね。

さて、本日も「虹」は原稿作業であわあわしております。今週がこれで終わると思うとちょっとぞっとしますが、無事に終えられるよう引き続き頑張って作業したいと思います。よい週末を。(N)

2009/9/24 Thu.

投稿日:2009年9月24日 カテゴリ:虹の小噺

シルバーウィークもあっという間に終わり、そうこうしている内に9月も終わりそうです(-_-;)大人になると、どうしてこうも時が経つのが早く感じられるのでしょうか。月末に向けて原稿の締め切りが立て込んでおり、「虹」は文字通りてんてこ舞いしております。内容も分量もさまざまな原稿を同時に10本以上動かしていくのは、なかなか大変です・・・。

昨日から(祝日にもかかわらず!)大学の後期もスタート。それにしても、シルバーウィークが全部「授業日」というのも、いくら授業回数確保のためとはいえ、ちょっと納得がいきません。「休む」ことも「遊ぶ」ことも大切なはず。ハッピーマンデー導入以降、どうもあちこちでアンハッピーな状況が起こっているようですね。導入当初は、確か消費を刺激するとか、働きすぎの日本人への朗報、というような話だったと思うのですが、現実との齟齬をきたしている以上、そろそろ見直しが必要なのかもしれません。個人的には、ハッピーフライデーの方が嬉しいのですが(^^ゞ

コネタをひとつ。鳩山首相のモットー「友愛」は、英語ではfraternity もしくは fraternism と訳されているようです。ただ、この単語だと、鳩山首相のニュアンスとちょっと違うような気もしなくはありませんが・・・。

さて、原稿作業に戻らなくては!(W)

2009/9/18 Fri.

投稿日:2009年9月18日 カテゴリ:虹の小噺

今日は少し肌寒い1日です。連休を前に、台風が近づいているようですね。今度の台風14号は「チョーイワン」と言うそうですよ。

早いもので、北海道の大雪山系では紅葉が始まったとか。四季の移り変わりを感じて、こういう時に「日本人でよかったなぁ」などと思います(^v^) ですが、山は山でも雑木林のある山でないとなかなか綺麗な紅葉は見られませんよね。
夏の間は緑だった葉は、どうして秋になると色を変えるのでしょうか? 葉が緑なのは、光合成などでおなじみの「葉緑素」がいるためですが、秋になると葉っぱと枝の間に、水を通さない溝を作るそうです。これによって葉っぱに養分がいかなくなり、葉緑素が壊れます。すると、葉っぱの中にある色素(赤であればアントシアニン、黄色であればカロチノイド)が作られ、葉っぱが紅になったり黄色になったりするんだそうです。
そうして落ちた葉っぱにはまだまだ養分が入っていて、木が冬を越すのに一役買っているとか。うまくできていますよねぇ…。

せっかくの「シルバーウィーク」ですし、紅葉に思いを馳せつつ、さつまいもでもいただきましょうか。みなさまもよい週末を。(N)

2009/9/17 Thu.

投稿日:2009年9月17日 カテゴリ:虹の小噺

いよいよ鳩山内閣が発足しました。文部科学大臣には川端達夫氏が就任。深夜の記者会見では、さっそく高校無償化の実現を目指すことや全国学力調査を見直す方針を示しました。予想通りですが、アニメの殿堂はなくなりそうですね(^^ゞ 

今日の新聞各紙に、新大臣のプロフィールが掲載されています。なかでも日経新聞は「よくこんな情報を仕入れたなぁ」というような「小ネタ」が満載です(^^) 
たとえば、長妻厚生労働大臣は「キャロル」の大ファンで日比谷野外音楽堂の解散コンサートのビデオを1000回観たとか、平野官房長官はテレビ東京で放映している「田舎に泊まろう!」の大ファンだとか。ちなみにネット情報ですが、川端文科大臣は「トラキチ」だそうで、阪神が優勝したら国会で「六甲おろし」を歌うらしいですよ(笑)要注目ですね。

最近、私のちょっとした趣味は新聞のすみっこに載っている「首相動静」欄のチェックです。9月は麻生前首相と鳩山首相の1日の動きが並んで掲載されていたのですが、まず驚くのは政治家の忙しさ。まさに分刻みのスケジュールで動いています。が、そんな多忙ななかでも、鳩山首相は奥様と映画を観にいったり、帰りにモスバーガーに寄ってテイクアウトをしたりしていてちょっとびっくり!この日だけなのかと思いきや、モスバーガーにはちょくちょく寄っていて、またまたびっくり! 首相になったのでしばらくは行けないんでしょうか!? 若い議員も増えましたし、モスバーガーが国会内に出来る日も近いかもしれませんね^m^ 
なにはともあれ、しばらくは政治動向から目が離せませんね。(W)

2009/9/16 Wed.

投稿日:2009年9月16日 カテゴリ:虹の小噺

すこんと晴れているせいか、まだいくらか蝉が鳴いていますね。うまく子孫を残せていないのでしょうか。がんばれ。

少し前に、3日連続で悪夢を見たという話を書きましたが、あれは実はまだ続いていて、昨日は化け猫から逃げたり、漢数字の影(七と八と九でした)に追われたり、エレベータの中で刺されたりしました(-_-) 不思議なことに「あ、これは夢かも?」と思った瞬間にぱちっと目が覚めます。不思議ですねぇ。
悪夢は御免ですが、時々起きてから「今の夢はすごいストーリーかも!」などと興奮することがあります。小説にして応募したらデビューしてしまうのではないか、などと図々しく考えるのですが、そうする前に夢の詳細は記憶のかなたに飛んでしまいます。
こういう夢を映像化できないのかなぁなどと思っていたら、それに近い実験が成功していたことを知りました。昨年12月の話のようですが、人が目で見て認識しているものを、脳活動を調べることで読み取り、映像化することに成功したそうです。まだ単純な図形のみで、それも白黒なのだそうですが、原理的にはカラー化も可能だそうです。夢を見ている時や頭の中でイメージしている時にも、脳の視覚野は活動しているので、「夢を映像化する」ことも荒唐無稽なことではないらしいです。おもしろいですねー。

さてさて、本日より尾木は大学のゼミ合宿に行っております。一緒に夜を過ごすと、それまでとは違う友人の姿が見えてきたりして、学生時代は合宿が楽しかったものです。今日参加しているゼミ生さんたちも、何か心に残るものがあればいいなぁと思います(^v^) (N)

2009/9/15 Tue.

投稿日:2009年9月15日 カテゴリ:虹の小噺

早いもので9月も半ば。朝晩はずいぶん涼しくなりましたね。

今日の虹は、テレビ番組の企画相談の電話やら全国学力テストに関する取材やらであわただしくしております。いよいよ新政権の閣僚が決まるようですが、マニフェストをじっくり読んでいくと、目玉政策だけでなく、政策各論のところにも重要な内容がたくさんあるんですね。文科大臣が誰になるのか現時点ではわかりませんが、子どもたちや教育関係者にとってはとても重要な内容ばかり。ぜひとも新大臣には粛々と実行していってほしいものです。最近、尾木は「新政権で教育はどう変わるのか」といった内容の取材をよく受けます。政策解説をしていると、まるで民主党の広報担当になったみたいだと笑っています(^^) 

来週からいよいよ大学の後期がはじまります。後期の第一回目は、なんと「シルバーウィーク」最終日!授業回数確保のための措置ではありますが、せっかくの連休、休みは休まないとかえって効率が悪いような・・・ ヨーロッパのように3ヶ月のバケーションは要求しませんけど(^_^.) アジア人はもう少し休んでもいいような気もします。アメリカの辞書には、TSUNAMIやEDAMAMEとともに過労死がKAROUSHIとしてそのまま載っているそうですが、「休み」の重要性をもっと社会全体で考える必要があるような気がします。かく言う私も、「休み下手」のひとりです(^^ゞ 来週の連休の計画でも練りましょうか!? (W)

2009/9/14 Mon.

投稿日:2009年9月14日 カテゴリ:虹の小噺

今日は秋晴れ。空気も清々しい1日でした。

私は趣味で天気予報や気象などに関するニュースをこまめにチェックしますが、その次に最近ひそかな楽しみとしているのが、「きょうは何の日」かを調べることです。そういうことを教えてくれるサイトもあるようですね(*^_^*)
それによれば、今日は「メンズバレンタインデー」なのだとか。男性が女性に積極的に愛を告白する日だそうで、バレンタインデーがチョコレートを渡すのに対し、こちらは下着をプレゼントするらしいです。渡すハードルが一気に上がりますよね! 下着はある意味消耗品なので、もらえれば嬉しいことは嬉しいのですが、買うのにも勇気がいりますし、さすがに「義理下着」はないんでしょうねぇ…。うーん、これは普及が難しいかも(^_^;)

そんなわけで今週も始まりました。今週はちょっとバタバタしそうな気配…気を抜かずに頑張りたいと思います( `‐)q (N)

2009/9/11 Fri.

投稿日:2009年9月11日 カテゴリ:虹の小噺

晴れのち曇り、秋らしい空気ですね。

この時期になると「○○の秋」という言葉をよく聞きます。芸術の秋、食欲の秋、読書の秋…。私はやはり「食欲の秋」です。何せ色々とおいしいものが収穫される時期ですからね(*^_^*) 食べるのはもちろん、この時期はやたらとおいしいものを作りたくなります。
秋の味覚のひとつに、サンマがあります。脂の乗ったサンマをじっくりとあぶり、ふっくら焼きあがったサンマに、たっぷりの大根おろしと醤油を少々、仕上げにスダチもしくはカボスをひとたらし…ヨダレが出ました(^_^;)
しかし、「脂の乗った」サンマの「脂」のおかげで、魚の調理中に火事を起こしてしまうこともあるようです。魚焼きグリルは火が見えづらいので、ついついつけっぱなしにしてしまったり、グリルの網に以前の脂がこびりついていたり…というのが原因のようです。いくら何でも火事になるほど大きな火では、魚も焦げてしまって美味しくなくなりますよね(>_<)
美味しく魚をいただくためにも、網をこまめに掃除したり、受け皿に水を張ったりして、くれぐれも火事にならないようご注意ください。

などと書いていたらとっても魚が食べたくなりました。美味しいサンマは売っていますかね~♪
本日尾木は「虹」にて鋭意原稿執筆中です。細々とした予定の合間に結構な量の執筆をこなさなくてはいけないので、スタッフも再び「鬼」となって、週末にかけて宿題をたんまりと出してしまうのでした。皆様もよい週末を。(N)

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。