書籍情報

2009/9/10 Thu.

投稿日:2009年9月10日 カテゴリ:虹の小噺

昨日、NHK-BS1「きょうの世界」に尾木が生出演いたしました。「ヘリコプターママ」という言葉は知っていましたが、百聞は一見にしかず、映像を通してみるとインパクトが全然違いますね。子どもに尽くすことに生きがいを感じ、大学生の息子から「秘書ママ」と呼ばれて喜ぶ様子に「・・・」。息子たちのメールや手紙はすべて“ヘリママ”が眼を通し(パスワードもすべて知られている!)、論文の添削からスケジュール表の作成、銀行口座のチェック、大学の出席状況まですべてを管理。その“ヘリコプターぶり”は私の予想をはるかに超えるものでした。共依存的な親子関係はもはや日本の専売特許ではなくなったようです・・・(-_-;)

アメリカといえば、昨日オバマ大統領が全米の子どもたちに向けて演説を行いました。一部、保守派の反発もあって内容が変更になったようですが、そのメッセージは至極真っ当でストレートなもの。

「あなたたち一人一人がみんな得意なことをもっている。一人一人みんなに何かできることがある。そして、あなたがたにはそれが何であるか、自分で発見する責任がある。それを見つけるチャンスこそが教育によって提供されるのです」

「学校をドロップアウトして、良い仕事にドロップインすることはできない。勉強し、訓練し、学ばなければならない。これはあなたたち自身の人生や将来のために重要なだけではない。あなたたちが教育から得るものは、まさしくこの国の未来も左右する」

先日観たアメリカの更生学校(在籍校で問題を起こした子どもたちが学ぶためのオルタナティブスクール)のドキュメンタリー「EXIT」では、校長が生徒たちに「I am somebody」(私には価値がある)というフレーズを暗誦させ、学校から送り出していました。家庭環境が厳しく、すぐにドロップアウトしそうになる生徒たちをサポートしていくことは並大抵のことではありません。それでも、子どもたちによりよい未来と選択肢をつくるために日々奮闘する教師たちの姿に、胸が熱くなりました。日本もアメリカも教育問題が山積しています。教育は「未来への投資」といった人がいますが、ぜひとも国が真剣にそして積極的に「投資」をしてもらいたいものです。(W)

 ★NHK「EXIT」のサイト:http://www.nhk.or.jp/exit/index.html

2009/9/9 Wed.

投稿日:2009年9月9日 カテゴリ:虹の小噺

昼ごろには晴れると聞いていたのに、未だ東京はどんより曇り空です。

今日は「救急の日」であると同時に「重陽の節句」でもあります。中国では奇数が「陽の数」として縁起がよいとされ、最大の「陽」である9が「重なる」ことから「重陽の節句」としたのだとか。別名菊の節句とも呼ばれ、日本でも菊の香りを移したお酒を飲んだりしたそうです。今、日本でこの節句が廃れているのは、旧暦から新暦へ変わり、今の9月9日では菊が盛りではないからというのも原因の一つだそうです。たしかにまだ「菊」という感じではないですが、菊の放つ清冽な香りをお酒に移したら、さぞかし美味しいんでしょうね…。その風習は残してほしかった…。はい、まさに花より団子なのでした。

さてさて、本日尾木は23:15頃~NHK・BS1の「きょうの世界」にスタジオ生出演する予定です。アメリカのヘリコプターペアレントについてです。なかなかすごいペアレントが登場するようですよ。ぜひご覧ください(^v^) (N)

2009/9/8 Tue.

投稿日:2009年9月8日 カテゴリ:虹の小噺

今朝は今にも雨が降り出しそうなどんよりとした曇り空でしたが、午後になると日差しがでてきて蒸し暑くなってきました。今日は虹の前で道路工事が行われており、朝からドドドド、バリバリっ、ドンという大騒音が響き渡る中で仕事をしております(-_-;) こんな日に限って電話でラジオの生出演が入ったり、まさに放送中というときに「ピンポーン」と宅急便がきたり\(◎o◎)/朝からてんやわんやしております・・・

仕事柄、書店によく行くのですが、最近店頭には20代~30代女性向けの雑誌が山積みになっています。こうした雑誌にはさまざまな「おまけ」がついていて、すぐに完売するほどの大人気だとか。雑誌によってはおまけに本がついているようなものもありますが(^^)、とにかく人気ブランドとのコラボだったり限定商品というところが女心をくすぐります。おまけといっても、昔、お菓子についていたおまけのようなチープなものではなく、普通に使えるポーチやエコバックでデザインも質もいいものばかり。数年前、海外に行ったときに雑誌を持ってレジに行くと、洗剤やタオル、エコバッグ、化粧品の試供品などが詰め込まれたダンボール箱をどんっと渡されてびっくりしたことがありました(~_~;) そのうち日本もそうなるような気がします・・・ 一方で91年も続いた「主婦の友」が廃刊になるなど、出版不況はまだまだ深刻なようです。次はどんな新しい雑誌が出てくるのか、本好きとしては楽しみにしていたいと思います。

出版といえば、尾木の新著『変われるか?日本の教育―現場の視点から「教育改革」を斬る』もついに発売となりました!虹のHP内にある「書籍のご案内」からもご購入いただけますので、ぜひお手にとっていただければと思います。尾木は明日の夜、NHK-BS1「きょうの世界」に生出演します。アメリカのヘリコプターペアレントに関する特集です。どうぞご期待ください!(W)

2009/9/7 Mon.

投稿日:2009年9月7日 カテゴリ:虹の小噺

月曜日です。「虹」としては3連休明けとなるわけで、朝からバタバタしております。

3連休、さぞゆっくりできるだろうと思っていたら、あれやこれやと予定が重なり、結局外出しっぱなしの3日間になり、むやみに筋肉痛などなっております(^_^;)
そのせいなのか、この3日間、夢見が非常に悪かったです。息ができなかったり、脅迫文をもらったり、現実では一度も怒られたことのない祖母に怒られたり…。そんなわけで、眠ったはずなのに疲れています((+_+))
夢を見るのは「レム睡眠」(体は眠っていても脳が起きている状態)の時だけだそうで、『ヒトはなぜ、夢を見るのか』の著者:北浜邦夫さんによれば、「われわれは一日に八時間ほど眠り、その間九十分ほど夢を見る。七十五年生きるとすると、二十五年眠り、五年間夢を見ることになる」そうです。こうやって数字にしてみると、結構な時間を睡眠と夢に費やしていますよね。夢見がよくなる方法を探してみようかな…などと思う月曜日です。

そんなわけで1週間の始まりです。尾木は明日の朝7:40頃~J-WAVEの「TOKYO MORNING RADIO」に電話生出演の予定ですので、視聴可能な方は、ぜひ。(N)

朝日新聞(8月29日付夕刊)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2009年9月3日 カテゴリ:コメント

Say! Yes! No! 夏休みの短縮に賛成?
夏休みは終わりましたか?北海道や東北など一部の地域を除けば、「夏休みは8月31日まで」が当然だったが、それは過去の話。多くの小中学校が、夏休みを短縮し、8月下旬から授業を始めている。07年に教育再生会議が、授業時間数を増やすための策として「夏休みなどの短縮」を提言したことなども背景にある。あなたは、夏休みの短縮に賛成ですか?

【尾木直樹のコメント】
毎日の授業を密度濃く
「夏休みの短縮」は大人の論理で始まった。最大の理由は「授業時間の確保」。もう一つは「学力向上」。今春から先取り導入された新学習指導要領では、授業時間数も内容もかなり増えた。平日だけでは無理があるが、土曜日は法令で休日と決まっている。ならば、教育委員会や学校長判断で変更できる夏休みを短縮するというところも多い。
だが、夏休みにわずか数日授業をしたからといって、学力が上がるはずはない。テストの日の午後も通常授業、学校行事は削減、授業の進度は速まる…。その上得点競争に追いやられ、子どもの心はつぶれ、学校は楽しくなくなる。
先生一人ひとりが授業研究をしっかりして、密度の濃い授業を毎日すれば、夏休みの数日より、よっぽど意味があり、子どもとの信頼感もできる。大人の目先の数合わせの論理で、子どもを振り回さないで、授業の質に目を向けてほしい。

2009/9/3 Thu.

投稿日:2009年9月3日 カテゴリ:虹の小噺

新学期がはじまり、インフルエンザが猛威をふるっているようで…(-_-;) どの薬局にも「マスクはお一人様、1点まで」とか「一家族2個まで」などの張り紙が出ています。ネットでも売り切れが続出しているらしく、5月のマスク品切れパニックを思い出させます。電車内で「ごほっごほ」と咳き込む人がいると、乗客が一斉にその人の方をみて、中にはにらみつけたり車両を移る人も。殺伐とした世の中です。

インフルエンザ予防にはやはり、うがい・手洗いが基本。せっかくですので、正しい手洗いの方法をおさらいしてみましょう!①手を水で濡らし、せっけんをつけて手のひらをよくこする②手の甲を指先に向かってのばすようにこする③手のひらにこすりつけるようにして、爪の間、指先を念入りにこする④指の間をあらう⑤親指と手のひらをねじるように洗う⑥手首を洗う⑦流水でよく洗い流す⑧乾いた清潔なタオルや布で水分をふきとる…これを15秒以上(国の指針)かけて行えばOKです!(^^) !朝日新聞によれば、15秒以上というのは「ハッピーバースデー」の歌2回分だそうです…もちろんうがいも忘れずに!

本日尾木は大学で、ゼミ生の卒論指導にあたっています。年末まであっという間ですから、頑張っていい論文を仕上げてほしいと思います。なんとなくどんよりとした空模様ですが、雨が降るのでしょうか?急に涼しくなってきました…そろそろ衣替えもしなくちゃなりませんね。(W)

東京新聞(9月2日付)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2009年9月2日 カテゴリ:コメント

こちら特報部 民主財源捻出の要 行政刷新会議

歴史的な政権交代劇が進行中だ。有権者が求めるのは、何をおいても“変革”。新民主党政権もマニフェストの目玉のひとつに「行政刷新会議」の創設を掲げ、自民党時代の政策の検証を公言している。だが政策の検証とは官僚との対決であるだけに難航も予想される。実効ある機構とするために必要なものとは何か。各方面からの提言を聞いた。

【尾木直樹のコメント】

(全国学力テストについて)一回のテストで何十億円もかかる。やるなら五万~十万人を抽出した学力調査で十分。すでに全国調査を三回やってデータもたまったのだから、やめるべきだ。その分の予算を教員増や学級定員減に役立ててはどうか。
学力テストの成績が上がった自治体では、テスト対策の学習をしている。学力向上を名目に、文科省が全国の小中学校を一律に掌握する。教育の一面化につながり、懐の深さといった教育の本来の姿をゆがめてしまう。
文科省関連の法人への金など、整理するべきところは無数にある。

2009/9/2 Wed.

投稿日:2009年9月2日 カテゴリ:虹の小噺

昨日は暑い1日でしたのに、今日の東京はひんやりと涼しくなっております。思わず長袖の上着を引っ張り出し、あったかいお茶を用意してしまいました。

あっという間に9月ですね…((+_+)) というわけで、トップページなどを模様替えしてみました。今回のテーマは「秋の空」。頑張ってすじ雲っぽい模様をつけてみました。うろこ雲も入れたかったのですが、スキルと時間不足で断念しました(-_-)

秋になると、空が高く見えますね。
秋になるとよく見かける、さっと刷毛ではいたようなすじ雲は「巻雲(けんうん)」といって、上空5000~1万3000メートルの間に位置します。また、いわし雲やひつじ雲は「巻積雲(けんせきうん)」といい、これも巻雲と同じような位置にあります。
夏の間によく見られたわた雲や入道雲は、地表近く~2000メートルくらいの間に位置する雲なので、そりゃ空も高く見えますよね(^_^;)
雲ができるのは、地球の周りに80万メートルある大気の中でも「対流圏」という範囲で、わずか1万7000メートルほどまでしかありません。ちなみに日本一の高さを誇る富士山は4000メートル足らず。こうして見ると、私たちが普段暮らしている範囲がいかに狭いかを実感しますね。

さてさて、本日「虹」は原稿執筆や次の単著に関する会議などを行う予定です。なお、トップページでもお知らせいたしましたが、9月4日(金)、「虹」は臨時休業とさせていただきます。(N)

変われるか?日本の教育―現場の視点から「教育改革」を斬る

投稿日:2009年9月1日 カテゴリ:書籍

変われるか?日本の教育―現場の視点から「教育改革」を斬る

今、歴史が確実に動き出そうとしている。
小泉・竹中構造改革より長く日本を覆い尽くしてきた新自由主義に対する反動の波が、徐々に国民の中に広まりつつあり、それはひとつの大きな変化をもたらそうとしている。
新自由主義の嵐に翻弄され続けた教育界にも、ようやく曙光が見え始めた。
この流れの中で、筆者は改めて、これまでの教育の何が問題だったのかを明らかにし、今後どのような方向へ進むべきなのか、「転換への処方箋」として本書を執筆した。

「変われるか?日本の教育」。
日本の教育の針路を示す「羅針盤」として必読の一書。

新日本出版社(2009年9月)

【定価:1,800円+税】

2009/9/1 Tue.

投稿日:2009年9月1日 カテゴリ:虹の小噺

早いもので、もう9月ですね。9月は「長月」といいますが、これは「夜長月」の略だとか。ほかにも9月はいろどりづき(色どり月)、いわいづき(祝月)、えいげつ(詠月)、きくさきづき(菊開月)、きくづき(菊月)、くれのあき(晩秋)、げんげつ(玄月)、けんじゅつづき(建戌月)、せいじょづき(青女月)、ちくすいづき(竹酔月)、ながつき(長月)、ねざめづき(寝覚月)、ばんしゅう(晩秋)、ぼしゅう(暮秋)、もみじづき(紅葉月)などとも呼ばれるそうです。すすきの向こうにとんぼが飛んでいくのを眺めては小さな秋の到来を感じています。

「虹」は今週、たまっている原稿作業に全力投球しています。尾木は取材を受けつつ、連載、単発、新刊の企画など、さまざまなテーマの原稿を執筆してはブラッシュアップという作業に追われています。すでにお知らせしていますように、9/5には尾木の新刊『変われるか?日本の教育―現場の視点から「教育改革」を斬る』が新日本出版社より発売になります。総選挙も終わり、政権交代という歴史的な転換点を迎えた今、これからの教育を考える上で示唆に富む一冊となっています。ご期待ください!

今日は防災の日。最近は天災が多く、地震も頻発しています。以前、地域の大規模な防災訓練に参加し、避難所体験ということで炊き出しをしたり体育館に1泊したことがあります。ダンボールを1枚だけもらい、1日中小学校の校庭と体育館で過ごしたのですが、体育館という狭い空間に押し込められる苦しさ厳しさ、水も食料もトイレさえも思うようにならないことばかりで大変なストレスを感じました。体育館で常に他人の気配を感じる生活というのは、2日が限界です。アメリカのFEMA(ブッシュ政権時に縮小されてしまいましたが…)のような国家レベルの危機管理体制を構築し、より迅速な救助活動と避難所設営のノウハウの共有、食料や水、携帯トイレ、ダンボールなどをもっともっと蓄積してほしいと思います。備えあれば憂いなし、備蓄している食料品の点検をしつつ、使う日がこないことを願うばかりです。(W)

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。