書籍情報

第15回:子どもが主役の街づくり② 活動が発展するコツは?

投稿日:2009年12月28日 カテゴリ:教育insight

(2)細胞分裂のように発展するPTA活動―地域・子どもとともに

■小学校も中学校も「絆」を大切にしながら

A小学校のスローガンは、「心豊かでたくましい子」。「親がかかわりましょう」とか「全面的に学校を信頼しましょう」など、いずれもどこの学校にでもある目標である。

しかし、単独のPTAといえども、ここはPTA自身の活動力を高めるための研修を丁寧に重視している。だから、PTA活動のツボのようなものが代々引き継がれ、発展しているようだ。

その一つが、子どもの声を大切にしていること。たとえば、ベルマーク集めなどというありふれた取り組みにしても、子どもたちの発案から「地域を巻き込む」。スーパーに回収箱を設置したり、ポスターを作ったり、自治会報に掲載してもらったり、あるいは市民運動会でも回収されて他校にも広がっていく。こうして例年の2倍以上回収できたという。きっかけは「スーパーに置かせてもらったら?」という子どものつぶやきだという。

B中学校のスローガンのひとつは、「親と子が心を開く」。スクールカウンセラーや校長、養護教諭らから「心と体」「心の交流」「食育」などについての講義を聴き、力をつけていく。

具体的な取り組み例も面白い。

実際に親子の心の交流をサポートしていくのだ。どんな言葉に「心」を感じたのか、事例を集める。すると、母の「あんたがいてくれてよかったー」という一言が子どもを「幸せ」な心にしていることが分かったり、「オカン!風邪ひくよー」という子の一言に母が涙ぐんだりしている。

「言葉の力って不思議!」と感動する子どもたち。「子どもに支えてもらってる」と述懐するお母さん。PTA活動をきっかけに、それぞれの家庭でそれぞれにふさわしい色合いで親子の心の絆がつながり始めていくのだ。

■245の子ども会

子ども会育成協議会には245もの「子ども会」が結集している。“異年齢の子どもたちが遊びを通して育ちあう”ことを目的に、もう42年目の活動に入るという。やはり、ここでも「学習⇒例示⇒交流」が会の活動発展の方程式になっているようだ。このパターンによって、伝統が引き継がれ、新しく計画が練り上げられ、次へとステップアップしていく段取りである。

しかし、環境と子どもの変化は激しく、子どもたちは声をかけられるまでじーっとしているようだ。

今、協議会の課題は、①単位子ども会をいかに活性化させるのか②地域とのかかわりの緊密化の2つという。

「ラジオ体操」活動について具体的に紹介すると、次のような子ども参加、地域参加の工夫と知恵を出し合っている。

  • 案内状は子どもたちが作成
  • 町内会に回覧版で通知
  • 一緒に付き添って活動
  • 広場のゴミ拾い
  • 御礼の手紙活動

何でもない取り組みの中にも、いかに住みやすい街をつくるのか、「絆」を強めるのかといった視点が大切にされていることがわかる。

子どもの体力を鍛えようとか、生活規律を確立させようといった大人目線や訓練主義的発想がにおわないのも、しなやかでいい。

今年2009年は「子ども代表者会の活動をいかに生かすのか」など、やはり子どもに主眼を置いて、「子どもの声を大切に」「子どもと大人が一緒に」などをテーマとした、自分たちで出来るエコ活動やペットボトルの回収などに取り組んでいる。これも「無理なく―」がポイント。だから「わが子の1個」が活動スローガンだ。

この活動にも、やはり回覧版を回すなど自治会役員の協力がある。また、地域のお店も協力する。全体として「子どもの考え、発想力」が大切にされて、「市民運動会」(12月)でも実施しようということにつながっていくのだ。ここが他市の大人から子どもへ呼びかける方式と反対で優れているポイントといえる。

■170もの「親子サロン」が網の目に

こちらは市役所「子育て支援課」による子育て応援プランの一環。

「子育てをみんなで支え合うまち―親子の絆と笑顔のために―」が理念となっている。

具体的には、「家庭の共育力の向上」「地域の協育力の向上―地域の子どもは地域で育てる。子育て家庭を地域で支える」が行動目標だ。

親子サロンは“地域の居場所で時間を共有する”こと。したがって、育児中の親子、マタニティママ、地域のおじいちゃん、おばあちゃんが集う。名前を覚えてもらうといった初歩的目標の実現から実践している。

市の支援は借り上げ料の支払い、ボランティアさんへのアドバイス、月2回のPR(チラシの回覧を回してもらう)など簡単なものだけ。しかし、細く長く続けることやおやつづくりの仲間中心で動いたり、先輩ママさんがサポートしたりと個性と特性、要求をさまざまに生かして活動している。名称も「花いちもんめ」、「プチトマト」、「ニコ2♡」などとかわいい。

「親子さんの笑顔から元気をもらっている」とボランティアさんは元気そのものである。

貴重な教訓を教えてくれる。

(第3回へつづく)

第14回:子どもが主役の街づくり① 世界第3位の実力!

投稿日:2009年12月28日 カテゴリ:教育insight

■視点を変えると楽しく実践できる

今回は、子どもを主役に少し視点を変えるだけで、地域における子育て実践例の紹介である。大切な教訓がたくさん。年をはさんで6回にわたって報告する予定。お楽しみに!

■家庭と地域と学校の連携の困難

「学校・家庭・地域の連携」

こんなスローガンをこれまで何回目にしてきたことか。このようなテーマをいただいて、私自身これまでどれだけ全国各地を講演して歩いたことか。

日本のどこでも、地域コミュニティーの復活を心がけ、地域の子は地域で守り育てようと努力している。

しかしながら、その思いや活動の多くが「あいさつ運動」であり、地域パトロールであり、「早寝・早起き・朝ごはん運動」と決まっている。文科省もこれらを「国民運動本部」まで設置して、「社会総がかり」で取り組むようリードしてきた。

安倍政権時代の教育再生会議がよく使用したキーワード、「社会総がかり」という表現は、いかにも威勢がよく、熱心で「気迫」に満ちているように受け止められがちなのだが、私にはあまりに事大主義的、強圧的に感じられて嫌いであった。このような「運動」が全国規模で展開されることに対する違和感も大きかった。全体主義国家の匂いさえ感じさえしたものだ。

そうかといって、地域ぐるみの子育ての大切さは、誰も否定すまい。それだけにもっと明るく、伸びやかな実戦モデルがないものかと案じ続けてきた。そんなところに、今回素敵な町にめぐりあうことができたのである。私が大喜びしたのは、言うまでもない。

今回はその報告である。

■住みよい都市“世界第3位”の実力!

「『住みよい都市づくり国際コンクール』で、当市は人口7万5千人超~20万人未満の部で世界第3位に輝きました」

市長の誇らしげな報告に、会場は拍手に包まれた。

そう、ここ各務原市は、「家族・地域・絆プロジェクト」を結成し、表面的な「子育て運動」としてではなく、「家族の価値再復興」という家族論を問う事業であり、「心豊かでたくましい子が創る美しい都市各務原」づくり、つまり、子どもが主役の町づくりに取り組んでいるのだった。その一定の成果を評価してもらうための国際コンテストへの参加だったようだ。したがって、他市の子育てと比べて基本となるコンセプトも発想もこれまでの「学校・家庭・地域の連携」とか威たけだけしい「社会総がかり」での子育て運動などという形式的運動論とはすっかり違うのだ。スタンスもアドバルーンの高さもまったく違う。「まちづくり」であり、それも「子が創る」町なのだ。

教育再生会議のような上から目線は一切ない。戦前の全体主義を思わせる事大主義もない。実にしなやかで「未来の宝である子どもたち、人と人との『絆』をたいせつにして、みんなの手で育てましょう」とあくまでも“優しい”のだ。それも決して無理をしていないところがいい。では、どこがどう他地域と違っているのか。

(1)広がる活動

■ひと味違う青少年健全育成会

青少年健全育成といえば、日本全国いたるところで「奮闘」しているものの、どこもパターン化に陥っているものだ。校区パトロールやあいさつ運動、ボランティアの地域清掃活動、交通安全指導、非行防止活動などと相場が決まっている。

各務原市も例外というわけではない。それなのに、一味も二味も違っていてホッと安堵させられるから不思議だ。この「不思議な安堵感」こそここの命なのかもしれない。ひょっとすると、それは「絆」をテーマに活動しているからかもしれない。

「通学路見まもり隊」のパトロール活動ひとつとっても、たとえば隊のおじいいちゃん、おばあちゃんたちとの「対面式」から始まる。ここで子どもたちに名前と顔を覚えてもらうのだという。

こうして心がつながり、「絆」ができた状態で子どもの見守り活動が開始される。年度途中では、楽しいレクリエーションやもちつき大会、お祭りへの参加など、地域の文化・レクリエーション、お祭り行事の一角もになっている。

単にパトロールをし、交通安全の旗を持つだけの活動ではないことが参加者の心を軽くし、活動を楽しく長続きさせている。積極的に参加しやすくさせているようだ。

(第2回へつづく)

2009/12/28 Mon.

投稿日:2009年12月28日 カテゴリ:虹の小噺

お天気が良く、掃除日和になりました。

本日は泣いても笑っても御用納め。最低限、年内に終わらせるべき仕事を終わらせようと、一同はりきって仕事をしております。大掃除も、大まかに行いました。窓などは知らぬ間に結構な汚れがこびりついているもので、磨いた後はやはり気持ちいいです(^v^) 大ざっぱすぎるかとも思いますが、簡単な掃除すらできなかった昨年に比べれば充分、といったところでしょう。
今年の漢字は「新」でしたね。私は毎年、個人的な「今年の漢字」を決めていますが、皆さんにとって今年はどのような漢字で表わされるのでしょうか?願わくば、それが前向きなものでありますように。

そんなこんなで2009年もおしまいです。本年も大変お世話になりました。こんな小さなコーナーまで丁寧にご覧くださる方々のおかげで、なんとか1年続けてこられました。2010年はどのような年になるのか判りませんが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。よいお年を(^◇^) (N)

2009/12/25 Fri.

投稿日:2009年12月25日 カテゴリ:虹の小噺

昼間は暖かくても、日が沈むとやはり寒さが勝りますね。
今日はクリスマス。今年は縁あって(?)トナカイの着ぐるみを着る機会が何度かあったのですが、あれを着ていると子どもがもれなく食いついてくるのが面白くてクセになりそうです。まあときどき、「大人のクセに何やってんの」みたいな冷笑をくださる子どももいますが(-_-)

さてさて、尾木も「オギ☆ブロ」で報告しておりましたが、なぜかこの時期になってバタバタと色んな仕事が舞い込んできます。今日も色んな人から色んなことを頼まれました…。駆け込みすぎじゃないでしょうか!?
お陰さまで終業時間を過ぎてようやく本日予定していた仕事にとりかかれます。あともうひと仕事、ふた仕事。メリークリスマース…。(N)

2009/12/24 Thu.

投稿日:2009年12月24日 カテゴリ:虹の小噺

ジングルベル、ジングルベル、鈴がなる~(^◇^) 
暖かいクリスマスイブですね。今年はイブもクリスマスも平日なので、昨日クリスマスパーティというお家も多かったのではないでしょうか?大人になると、クリスマスはケンタッキー(もしくは鳥の唐揚げ)とケーキを食べる日になりつつあります(^^ゞ ケーキも年々高くなって、美味しそうだなぁと思うものにはなかなか手がでません。それでもあの美しいケーキたちをみるとついフラフラっと… あっ・・・

今朝の朝日新聞と読売新聞に尾木の新刊『「全国学力テスト」はなぜダメなのか』(岩波書店)の広告が掲載されています。読売は尾木の写真入りです!チェックしてみてくださいね。
やっと新刊を世に送り出すことができたと思ったら、今日はまた新刊企画の打ち合わせでした。なかなかタイトなスケジュールに一同驚愕((+_+))年明けも忙しくなりそうです…。

虹も仕事納めに向けててんやわんやしておりますが、月曜日は集中的に大掃除をすべく準備中です。大量の紙と本をどうするか、それが問題なのです、はい。(W)

2009/12/22 Tue.

投稿日:2009年12月22日 カテゴリ:虹の小噺

街ゆく人も忙しなく、年末ジャンボも今日までとか((+_+)) 
気がつけば明日は天皇誕生日、今年もあと10日を残すのみとなりました…早いですね(T_T) 一日一日は長いけれど、振り返ってみるとあっという間に1年や2年過ぎているような感じです。これも歳をとったせいでしょうか…

先日用事があって築地に行ったのですが、お正月の買い出しの人で早くも大賑わいでした。今年は巣篭りする人が多いようで、旅行よりもお家でちょっと豪勢に!っていうのがトレンドのようですね。築地の大混雑を抜けると今度は歌舞伎座が大行列。皆さん、今、話題の「大江戸リビングデッド」の一幕見席に並んでいるようでした。さらに歩くと、銀座もあちらこちらで行列が。先日オープンしたアバクロ、そしていつも混んでるユニクロ、バームクーヘンにも長い列が。寒空の中、じっと並んでいる日本人を、外国の方が物珍しそうに写真を撮っていました。
行列というのは不思議なもので、並んでいるとそれだけで「いいお店」「人気のお店」にみえてしまうもの。間もなく福袋に行列、そして初詣にも大行列ができるのでしょうね… 私もつい先日、某人気ラーメン店に並んでしまいました(^^ゞ 確かに美味しかったのですが、また並ぶかというと…。まだまだ日本人の修行が足りないようです、はい。

尾木は昨日、深夜にフジテレビの年末特番「さんま・福澤のホンマでっか!?ニューススペシャル」の収録に行ってまいりました。フジテレビ入りが22:30、収録開始が23:00、終了予定が24:45…予定表を作っていて、確か一日は24時間だったはず(@_@)と混乱してきました。結局、すべて終わったのは26:00だったそうです…本当にお疲れさまでした。
なんでも、さんまさんに「尾木ママ」というニックネームをつけられたとか!?なぜそうなったのかは、放送をご覧くださいませ!(^^)! 12/30(水)18:30~フジテレビで放送されます。お楽しみに~(W)

2009/12/21 Mon.

投稿日:2009年12月21日 カテゴリ:虹の小噺

本日も風を切って出勤してまいりました。水曜日頃から少し暖かくなるそうで、特に朝の冷え込みがやわらぐとか。部屋でミノムシのように丸まっている私としてはほっとする話です(^_^;)

インターネットで、今日は何の日だろうと思って調べてみたところ、「111番目の元素が生成された日」とありました。正式名称は「レントゲニウム」。こう聞くと「あれ、レントゲンと関係が?」と思いますが、ヴィルヘルム・レントゲンがX線を発見してからおよそ100年目にこの元素が発見されたことに因んだそうです。正式名称が決まるまでの暫定名称が「ウンウンウニウム(Unununium)」というところが個人的にツボでした。なんか可愛い、と思ったのですが、ただ単に「111番目の元素」という意味なのだそうです。ちぇっ(-ε-)

本日尾木は年末特番の収録が入っております。さすがテレビ局、収録終了予定時刻が軽く午前0:00を回っています(@_@。 尾木には仮眠をとってもらい、疲れを残さないようにしてもらわねば。(N)

2009/12/18 Fri.

投稿日:2009年12月18日 カテゴリ:虹の小噺

今日の風の冷たさは何なのでしょうか…((+_+))ブルブル

日本海側では雪と風が強くて大変なようですね。
…などと人ごとのように言っている場合ではありませんでした。その影響もあり、本日のスケジュールを急きょ変更、尾木は中学校の視察の後に泊まりで出張というハードスケジュールになってしまいました。
年末なのにちっとも納められる気がしません(@_@。もれのないようにしっかりスケジュール管理、準備等していかなくてはと思います。

さてさてこれからもうひと仕事、ふた仕事。。。よい週末を(^v^) (N)

2009/12/17 Thu.

投稿日:2009年12月17日 カテゴリ:虹の小噺

朝イチのニュースで、お天気お姉さんが「クリスマスまで一週間ですね!」と笑顔で言っていたのを聞いて、テンションがダダ下がり…(-_-;) 今週は寒波がきて日本海側はのきなみ雪の予報、もしかしたら東京も週末は雪になるかも…という話でさらにテンションダウン。寒いのは嫌いです、はい。

下の欄で尾木の新刊を紹介紹介いたしましたが、発売日当日に出版社から「重版になります!」との嬉しいお知らせが!(^^)!これまで出した本の中でも重版最速記録とのことで、私たちもちょっとびっくりしております。直球のタイトルがよかったんでしょうか!? お読みになった方、ぜひご感想などもお寄せください。

事業仕分けで削減を求められた全国学力テストですが、結局どうなるんでしょうか?ここにきて、子ども手当も高校無償化も所得制限をかけるとか、あれだけ死守すると言っていたマニフェストの目玉政策にもどよ~んと暗雲がたちこめてきましたから、ついついニュースばかり観てしまいます。
政治学で、政治とは「説得と納得」だと習ったんですけど、今の首相や政府にはまったくありませんねぇ。あるのは「言い訳」ばかりです。政治家はもっと言葉を尽くして、なぜそうなったのか、どうしてこうなるのかを国民に語りかけ、説得し、納得させる必要があるはずです。アメリカの大統領がやるように、首相がテレビやラジオで直接国民に訴えてみてはどうでしょうか?意外と効果があるかもしれませんよ!
ただ、暗い話ばかりでなく、地味に母子加算が復活したりと(ほとんどニュースになりませんでしたが)、期待のもてる動きもあるので、ここはひとつ踏ん張ってほしいものです。(W)

「全国学力テスト」はなぜダメなのか 本当の「学力」を獲得するために

投稿日:2009年12月16日 カテゴリ:書籍

「全国学力テスト」はなぜダメなのか 本当の「学力」を獲得するために

「競争すれば学力は上がる」―。
そう信じて2009年までに3回実施された「全国学力テスト」。

結果的には、「順位」を巡る競争が激化。単純な訓練主義と詰め込みの「テスト対策学習」が蔓延したために、学力はむしろ低下、学力による子ども差別など教育そのものも破壊。新政権が悉皆調査による「全国学力テスト」の中止を決定したのは当然である。

しかし、新政権の方針転換を耳にした自治体や教育委員会の反応を見ていると「それですべてよし」とはいかないようだ。
そこには、「学力とは何か」、「学力を上げるとはどういうことか」という根本的な問題をこれまで置き去りにしてきた弊害が見てとれる。

本書は「全国学力テスト」の罪を改めて事実に基づいて振り返りつつ、「中止後」に向けた新たな学力向上を展望する。国際的な視野や具体的実践例を踏まえ、これから新政権の日本がめざすべき「地球市民型学力」を獲得するための視座を、すべての親と教育関係者に熱く語りかける。

岩波書店(2009年12月)

【定価:1,260円+税】

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。