書籍情報

2010/2/12 Fri.

投稿日:2010年2月12日 カテゴリ:虹の小噺

午前中、こちらでは雪がちらつきましたよ((+_+)) 明日も引き続き寒く、天気もすぐれないようですね。

昨日は、オランダ在住の教育研究家・リヒテルズ直子さんとの対談でした。時間おせおせの大変密度の濃い対談となりましたが、リヒテルズさんのお話を伺い、どれだけ根本的に日本がねじれているのか、改めて思い知りました。リヒテルズさんは理路整然とお話しくださるのですが、なにぶん日本的思考回路にどっぷり浸かっているワタクシ、イメージ的には頭をパカッと開いて、ぐるぐるぐるーっとかき混ぜた感じです。すごい勢いで自分の思考を回転させているのが判りました。こんなのは学生の時以来で、何だかうれしくなっちゃいました(^v^)
会場に来た方からも、もっと話を聞きたいという声をたくさんいただきました。2月18日(木)には、法政大学で学生主催のシンポジウムがありますので、興味のある方はぜひ足をお運びください。

今日は金曜日なんですね。昨日がお休みだったためか、どうしても月曜日な気がしてなりません。バタバタしつつ、今週も終わってしまいます。尾木は週末もハードスケジュールなので、栄養ドリンクが欠かせません。皆さま、よい週末を(N)

子ども格差――壊れる子どもと教育現場

投稿日:2010年2月10日 カテゴリ:書籍

子ども格差――壊れる子どもと教育現場 (角川oneテーマ21)

今、日本の子どもたちが壊れ始めている。

大人たちは「失われた10年」をとり戻すため、社会に対してだけでなく、子どもに対しても「結果」を数値で求める成果主義を強要し、充分な議論を経ないまま定義された「学力」の獲得へと追いやってきた。

その結果として、子どもたちは心を病み、自殺、いじめ、引きこもりといった形で問題が表出している。さらに追い詰められた子どもは「家庭内殺人」や「無差別殺人」へ走り、自身の中にどうしようもなく蓄積された鬱屈を、歪んだ形で訴える。

子どもたちを危機から救うには、どうすればいいのか。
本書では、子どもたちに強要してきた成果主義の象徴である「全国学力テスト」から始まり、心を病む子どもたちのすさまじい実態を明らかにし、危機から救うための手段として具体例を織り交ぜて展望を示す。

『教師格差』『バカ親って言うな!』に続く三部作の完結編。
2010年2月10日発売。

角川Oneテーマ21(2010年2月)

【定価:本体740円+税】

2010/2/10 Wed.

投稿日:2010年2月10日 カテゴリ:虹の小噺

今朝、出勤していた時、小さい羽虫が私の目に向かって飛んできました。お互いびっくり。昨日の暖かさで出てきたようですが、今日の寒さに「出てくるんじゃなかった」と後悔していそうですね。

友人や家族から職場の話などを聞いていると、どうもお菓子を常備している職場が多いようです。ちょっと小腹が空いた時など手軽に食べられる半面、女性などは「ダイエットの敵」となっているようで。「虹」にはそのような習慣がないのですが、スタッフたちはその分飲み物に力を入れています。コーヒー、紅茶、カフェオレ、はちみつレモンなどを持ち込んで、ズズ、と楽しんでいます。
私はココアが好きなので、ココアの粉と牛乳(!)を持ち込みます。1日1杯と決めて、その1杯を丁寧に入れる時間がなんとも言えない。仕事中にこういう小さな楽しみがあるのはいいものですね(^v^)

さてさて、本日も尾木は外出しておりました。明日も講演のため外出、私も同行いたします。

…明日、雨もしくは雪が降るって噂を聞いたのですが、本当ですか…?(T_T) (N)

2010/2/9 Tue.

投稿日:2010年2月9日 カテゴリ:虹の小噺

今日はなんと暖かい日でしょうか。外に出てみてびっくりしました。室内の方が寒いですね。明日からはまた最高気温が10℃などという日が続くようなので、くれぐれも体調には気をつけたいものです。

本日尾木は朝から外出。というか今週は外出だらけだったんでした(^_^;)
予定をこなす合間にも、会議や取材などの相談・依頼が入り、あちらはてんやわんやしている様子。優先順位をつけて対応するだけで精一杯です。
などとバタバタしていてふと気付くと今日は9日。
…明日は尾木の新刊発売日ではないですか!(@◇@)
というわけでHP上に慌てて告知など載せております。詳細は「書籍ご案内」コーナーにアップしておりますので、ぜひぜひお手にとってご覧ください。(N)

2010/2/8 Mon.

投稿日:2010年2月8日 カテゴリ:虹の小噺

風が弱まった上に気温も上がり、だいぶ肩の力を抜いて外を歩けた1日でした。週末に実家に帰ったところ、風花が舞っていてびっくり。強い風に乗って山の雪がこちらまで来ちゃったんですね。寒いはずです((+_+))

「虹」の事務所には大きなカレンダーが貼られています。決定した予定はここに書きこむことになっており、所員がひと目でスケジュールを確認できるようになっているのですが、今日改めて2月のカレンダーを見たら、黒い。ほとんどの日に黒ボールペンで予定が書き込まれているため、何だか黒いんです。「わー、黒いね…」とスタッフ同士で話している間にも電話は鳴り、数少ない白いマスに予定が書きこまれてますます黒いことに(@_@)ああオセロ…。
そんな時なのにメインPCが壊れたりして、週初めからガッチャガチャです。バックアップの大切さとサーバーの偉大さを思い知りました。。。

はい、そんなわけで今週も騒がしく始まりました。無事に終えることができますように!(N)

2010/2/5 Fri.

投稿日:2010年2月5日 カテゴリ:虹の小噺

今朝もまたいちだんと強い冷え込みでしたね。「眠くて起きられない」のではなく「寒くてベッドから出られない」日々が続いております(^_^;)

昨日(W)が尾木の咳を止める方法を募集したところ、なんとご丁寧にメールをお送りくださった方が!!(@◇@) まさか教えていただけるとは思いもせず、一同びっくり。「レンコンをすって白湯に溶かして飲むと良い」とのことでしたので、さっそく実行した尾木、「なんかいい感じだよ~」とのことでした。このまま今日の生放送も無事に終えられるといいなぁ…。本当にありがとうございました♪

先日、火星が地球に接近中という話をしました。話をしておいて実は全然見ていなかったワタクシですが、昨夜ふと夜空を見ると、なんだか見慣れない赤い星が。火星でした~(^v^) 視線を少しずらすとシリウスが見えたのですが、シリウスがシンチレーションでちらちら瞬いているのに比べ、火星はほとんど瞬くことなく、「ぴかーん」という感じで、堂々たる光を放っていました。キレイでしたよー!いまはかに座のプレセペ星団(肉眼だとぼんやりとした光の塊のように見えます)に接近中とのこと。少しずつ接近していく様子を見るのもまた楽しいでしょうね。
今週末は東京より少しは星が見える実家に帰るので、また夜空を見上げてみようと思います(^◇^) (N)

2010/2/4 Thu.

投稿日:2010年2月4日 カテゴリ:虹の小噺

今朝、自転車に乗ろうとしたらサドルが凍っていました!びっくり
急な温度変化に体がついていきませんね。尾木も風邪をひいてしまい、こんこんこんこん咳き込んでいます。明日、生放送があるので大変心配です。咳を止める良い方法を御存じの方は虹までご一報ください!

テレビネタばかりでなんなのですが(^^ゞ昨日観た番組で「106のアレルギーを持つ少女」が紹介されていました。
彼女にとっては生活そのものが危険に満ちていて、たとえば靴を履くとゴムと皮のアレルギーの為真っ赤にただれ、寝る前にカーテンを閉めようとしたらカーテンの化学繊維で手が腫れ上がるといった具合。根本的な治療法はなく、学校にも行けずにいるそうです。もうひとりは重度のピーナッツアレルギーで、信じられないぐらい微量のピーナッツでも呼吸困難になって入院するほど。今はピーナッツ探知犬を連れて学校にも通えるようになったのですが、アレルギーの恐ろしさを痛感しました。
日本でも給食の「そば」でアナフィラキシーショックになって亡くなった子がいましたね。日本でもようやく「エピペン」と呼ばれるアドレナリン自己注射に対する理解が広まりつつありますが、「何かあったら責任がとれない」という理由で拒否をする学校も多いとか。もちろん気持ちはわかりますが、子どもが学校で安心して過ごすために、周りの大人が「最善」を尽くしてみるその努力だけはしてほしいものです。ちなみに私もアレルギー持ちで、しぼりたての牛乳や新鮮な乳製品はアウト。以前はゴム製品がダメで、ラバー軸のボールペンや台所用のゴム手袋にかぶれたことがあります(-_-;)アレルギーをあなどることなかれ!何だかむずむず痒くなってきました~(=_=) (W)

2010/2/3 Wed.

投稿日:2010年2月3日 カテゴリ:虹の小噺

節分です。ということは、明日は立春なのですね。今日の気温を見ているととてもそんな気にはなれませんが…((+_+))さぶっ

今日は全国で鬼が追い出されてしまうわけですが、追い出された彼らを迎えるのが、奈良県吉野山の金峯山寺の「鬼の調伏式」です。ここでは「鬼は内、福も内」というかけ声で鬼を迎えるのだとか。吉野山といえば修験者、修験者といえば修験道の開祖である役小角(えんのおづの)。彼が式神として従えていたのが「前鬼・後鬼(ぜんき・ごき)」という夫婦の鬼であったことから、このようなかけ声となったそうです。
吉野山といえば、私は高校時の修学旅行で吉野山の旅館に宿泊しましたが、旅館の主はなんと修験者でした(@◇@) 生で見たのは初めてだったので、主が「修験者です」と言った時には生徒の間にただならぬどよめきが。天狗の話とか、色々聞きましたねぇ…。
奈良という国は不思議な雰囲気があり、個人的には京都よりも興味深い旅行でした。いつかまた行ってみたいですね、奈良。

さてさて、本日尾木は大学へ出講しております。今日は学生の研究発表会。今ごろは尾木ゼミの発表も終わっているでしょうが、無事に済んでいればいいなぁと思います…。(N)

週刊現代(2月3日号)に尾木直樹のコメント掲載

投稿日:2010年2月2日 カテゴリ:コメント

「日本人はバカになった」は本当か

漢字が読めない書けない、ことわざの意味を知らない、歴史を学ばない、勉強時間は中国人の半分、大学の教科書はマンガ、年間に一冊も本を読まない国民がなんと3000万人。そして何より働かない。途上国からもバカにされる学力と国力。

【尾木直樹のコメント】

学生の「劣化」に呆れたくなる気持はわかる。しかし、それはあまりに無責任すぎる。
子どもたちは、大人の教育政策に振り回されている被害者です。そもそも、これまで大人が「学力とはなにか」を真剣に議論してこなかったことに問題がある。日本では、いまだに詰め込み型の教育が重視されているが、世界の教育では、学力とは「持っている知識をいかに活用するか」だと考えられているんです。それを鑑みず、いまだに詰め込み型の学習が正しいと信じて、子どもに知識偏重の学習を強いている大人のほうがバカなのではないか。

2010/2/2 Tue.

投稿日:2010年2月2日 カテゴリ:虹の小噺

ほんとに雪降りましたねぇ…。昨日の帰りはすでにみぞれでしたが、夜中に随分降ったようで。朝、窓をあけると一面の銀世界!かと思いきや、うちの方はあまり積っておらず、陽のあたらないところにぐちゃっとした雪があるだけ。近くの小学校のグランドにもほとんど雪がなく、子どもたちががっかりしていました。それでも日陰に積った雪を目ざとくみつけて突っ込んでいってましたが(^^ゞ 

今日は2月のミーティングを行い、とんでもなく忙しいことに気づいて皆で倒れそうになりました。体調管理に気をつけつつ、なんとか乗り切りたいと…思って…おります・・・はい

明日は節分。節分と言えば、豆に恵方巻きにイワシの頭にひいらぎにと準備するものがたくさんありますね。最近は掃除の都合などもありまして(-_-)我が家では恵方巻きを食べるくらいしかしませんが、Wikiによれば、「恵方巻、恵方巻き(えほうまき)は、節分に食べると縁起が良いとされる巻き寿司、またはそれを食べる近畿地方を中心とした風習である。「恵方寿司」とも呼ばれる。節分の夜にその年の恵方に向かって目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かじり(丸かぶり)するのが習わしとされている」そうです。最近は寿司屋だけでなく、コンビニやスーパーも恵方巻き商戦参戦してきましたね。
今年の恵方は「西南西」。方位磁石片手に、恵方巻きにかぶりつきたいと思います。もはや、歳の数だけ豆を食べると気持ち悪くなるもんで…(-_-;) (W)

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、法政大学特任教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(土曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。