プロフィール

★160318-0838(HP用)

『子育てと教育は愛とロマン』『学校は安心と失敗と成長の砦』が信条です

<現在>
教育評論家
法政大学教職課程センター長・教授
臨床教育研究所「虹」所長

1947年滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師として、22年間子どもを主役としたユニークで創造的な教育実践を展開、その後大学教員に転身。それらの成果は200冊を超える著書(監修含む)、ビデオソフト、映画類にまとめられている。

「キレる子現象専門家会議」(東京都)委員、「青少年と放送に関する専門家会合」(郵政省、NHK、民放連)委員、「いじめ防止学習プログラム」開発委員長(新潟県)、「放送分野における青少年とメディア・リテラシーに関する調査研究会」(郵政省)委員、「放送倫理機構(BPO)」(NHK、民放連)の「青少年と放送に関する委員会」副委員長、可児市「いじめ防止専門委員会」特別顧問、「大津市立中学校におけるいじめに関する第三者調査委員会」委員、「農地・水保全管理支払交付金第三者委員会」委員等歴任。 平成23年度ゆうもあ大賞、第4回ペアレンティングアワード文化人部門(2011年度)、イクメン・オブ・ザ・イヤー2013 イクジイ部門などを受賞。2012年「第63回NHK紅白歌合戦」でゲスト審査員を務める。

2003年に法政大学キャリアデザイン学部教授に就任。2012年4月からは法政大学教職課程センター長・教授に就任。主宰する臨床教育研究所「虹」では、所長として子育てと教育、メディア問題等に関する現場に密着した調査・研究に精力的に取り組んでいる。フジテレビ「ホンマでっか!?TV」や日本テレビ「シューイチ」、テレビ朝日「モーニングバード!」、Eテレ「ウワサの保護者会」、フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」などの情報・バラエティ・教養番組やロッテなどのCMにも多数出演し、「尾木ママ」の愛称で幼児からお年寄りにまで親しまれている。

最近の主な出演番組

◆NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」(金曜21:30~21:54放送 ※MC)
◆フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」(月~金13:55~15:50生放送※準レギュラー)
◆日本テレビ「シューイチ」(日曜7:30~9:55生放送 ※準レギュラー)
◆日本テレビ「真相報道バンキシャ!」(日曜18:00~18:55生放送)
◆フジテレビ「ホンマでっか!?TV」(水曜21:00~21:54放送 ※レギュラー)
◆朝日放送「キャスト」(月~金16:50~18:54生放送 ※金曜準レギュラー)
◆テレビ朝日「スーパーJチャンネル 金曜クリップ」(金曜16:10~16:30 ※準レギュラー)
◆テレビ朝日「情報満載ライブショーモーニングバード!」(月~金8:00~9:55生放送※水曜レギュラー 2015年8月まで)
◆NHKラジオ第一「すっぴん!」(月~金8:00~11:50生放送 ※第二火曜レギュラー)
◆NHKラジオ第一「wktkラヂオ学園」(日曜21:05~24:00生放送 ※準レギュラー 2015年3月まで)
◆TOKYO FM「尾木ママのマンマ・ミーア!」(金曜20:30~20:55放送 ※冠番組 2015年9月まで)
◆TBSテレビ「ひるおび!」(月~金11:00~13:53生放送 ※月曜レギュラー 2014年3月まで)
◆文化放送「尾木ママとチキパのcheeky教育委員会」(火曜20:30~20:45放送)
など多数

CM出演

◆2011年8月  イオン株式会社「ランドセル・かるすぽ」
◆2012年6月  日産自動車株式会社「NissanLEAF×未来日記」(第6話)
◆2013年3月  小学館「小学一年生」
◆2013年9月  KDDI株式会社「話題のスマホ 俳句編」
◆2013年12月 塩野義製薬株式会社「インフルエンザ早期治療啓発キャンペーン」
◆2014年4月  KINCHO 大日本除虫株式会社「キンチョール 廊下編」
◆2014年4月   アクセスグループ「アクセス進学ラボ」
◆2014年6月  株式会社アイケンジャパン「アパート経営で賢い投資」
◆2015年8月  ロッテ企業広告「実験結果篇」
◆2015年8月  ニチイ学館 Web限定公開動画「教えて!尾木ママのお仕事お悩み相談室」

最近の主な連載

◆東京新聞「悩みの小部屋」
◆しんぶん赤旗「子育ての悩み 尾木ママに聞きたい!」
◆小学一年生(小学館)「尾木ママの『小一』ママのお悩みを解決しちゃうわよ❤」
◆ducare(日本経済新聞出版社)「親は、いじめ問題とどう向き合うか」
◆灯台(第三文明社)「尾木ママのQ&A『子育て・教育』ホントのところ」
◆Baby-mo(主婦の友社)「尾木ママのだいじょうぶ『答えはカンタンよ!』」
◆すくすくパラダイスぷらす(竹書房)「尾木ママンガ ほめすく☆ ~叱らずほめて、すくすく子育て!」※web連載
◆ママスタジアム「尾木ママの目からウロコの教育論」 ※web連載
◆Eテレ オトナへのトビラTV「プレオトナ相談室」 ※web連載
◆Benesseウィメンズパーク「小岩井純水果汁 教えて!尾木ママ」 ※web連載
◆信濃毎日新聞「コンパス」 ※連載終了
◆週刊女性(主婦と生活社)「教えて!尾木ママ教授❤」※連載終了
◆佼成(佼成出版社)「いのちを尊ぶ社会をめざして」 ※連載終了
◆スタイルアサヒ(朝日新聞社)「尾木ママのいま伝えたい!こころを育む新聞活用法」(全6回)
◆読売ファミリー(読売新聞社)「尾木ママの一緒に考えましょ」
◆週刊文春「尾木のママで」

主な近著

(2000年以降、出版順)
『子どもの危機をどう見るか』 (岩波新書 2000年)
『親だからできる「こころ」の教育』 (PHP研究所 2001年)
『お父さんが叱れない理由(ワケ)』(佼成出版社 2001年)
『子どもとの日々の暮らしを豊かにしたい―わくわく子育て88の知恵―』(講談社 2001年)
『週休2日で子どもの頭が悪くなる!?』〈監修〉(主婦と生活社 2002年)
『「学力低下」をどう見るか』(NHKブックス 2002年)
『競争より「共創」の教育改革を』(学陽書房 2003年)
『子育てとテレビ新事情』(新日本出版社 2004年)
『子どもの目線』(弘文堂 2004年)
『困った親への対処法!』〈編著〉(教育開発研究所 2005年)
『思春期の危機をどう見るか』(岩波新書 2006年)
『尾木直樹の教育事件簿』(学事出版 2006年)
『新・学歴社会がはじまる』(青灯社 2006年)
『教育再生を考える』(大学図書センター 2006年)
『ウェブ汚染社会』(講談社+α新書 2007年)
『新・教育基本法と私たち』(アドバンテージサーバー 2007年)
『いじめ問題とどう向き合うか』(岩波ブックレット 2007年)
『尾木直樹の教育相談室‐悩みを前進力にする70のヒント』(学事出版 2007年)
『教師格差-ダメ教師はなぜ増えるのか』(角川Oneテーマ21 2007年)
『親と一緒に考える うちの子の将来と「学力」』(新日本出版社 2007年)
『「ケータイ・ネット時代」の子育て論』(新日本出版社 2008年)
『日本人はどこまでバカになるのか―「PISA型学力」低下』(青灯社 2008年)
『バカ親って言うな!―モンスターペアレントの謎』(角川書店 2008年)
『学校を元気にする50のルール』(三省堂 2008年)
『「よい子」が人を殺す
-なぜ「家庭内殺人」「無差別殺人」が続発するのか』(青灯社 2008年)
『教育格差の真実-どこへ行くニッポン社会』(小学館101新書 2008年)
『教育破綻が日本を滅ぼす!-立ち去る教師、壊れる子ども達』(KKベスト新書 2008年)
『「ケータイ時代」を生きるきみへ』(岩波ジュニア新書 2009年)
『いま「開国」の時、ニッポンの教育』(ほんの木 2009年)
『変われるか?日本の教育-現場の視点から「教育改革」を斬る』(新日本出版社 2009年)
『「全国学力テスト」はなぜダメなのか-本当の「学力」を獲得するために』(岩波書店 2009年)
『子ども格差~壊れる子どもと教育現場』(角川Oneテーマ21 2010年)
『子どもが自立する学校―奇跡を生んだ実践の秘密―』(青灯社 2011年1月)
『尾木ママの「叱らない」子育て論』(主婦と生活社 2011年2月)
『尾木ママの黙ってられない!』(KKベストセラーズ 2011年3月)
『尾木ママの「凹まない」生き方論』(主婦と生活社 2011年9月)
『尾木ママの教育をもっと知る本~「未来への教育」シリーズ①』(ほんの木 2011年10月)
『尾木ママの 親だからできる「こころ」の子育て』(PHP文庫 2011年11月)
『危機の大学論-日本の大学に未来はあるか?』(角川Oneテーマ21 2011年11月)※諸星裕氏と共著
『尾木ママの共感❤子育てアドバイス』(中央法規出版 2011年12月)
『尾木ママと考える 大震災後を生きる希望のヒント』(金曜日 2012年2月 ※石坂啓氏と共著)
『グローバル化時代の子育て・教育「尾木ママが伝えたいこと」~「未来への教育」シリーズ②』(ほんの木 2012年4月)
『尾木ママの子どもの気持ちが「わかる」すごいコツ』(日本図書センター 2012年5月)
『「学び」という希望―震災後の教育を考える』(岩波ブックレットNo.837 2012年6月)
『ピンチを「味方にする」スイッチ』(主婦と生活社 2012年8月)
『尾木ママンガ ほめすく~叱らずほめて、すくすく子育て~』(竹書房 2012年10月) ※監修
『名作よんでよんで おやすみ前のお話366話』(学研 2012年11月) ※監修
『生きづらいのは「ゆとり世代」だから、と思っている君たちへ』(ブックマン社 2012年11月)
『尾木ママと読む こどもの論語』(学研 2012年12月)
『尾木ママと考えるいじめのない学校といじめっ子にしない子育て~「未来への教育」シリーズ③』
(ほんの木 2012年12月)
『尾木ママの「脱いじめ」論』(PHP文庫、2013年2月)
『尾木ママの女の子相談室』全5巻(ポプラ社、2013年4月) ※文、監修
『尾木ママ、どうして勉強しなきゃいけないの?』(主婦と生活社 2013年5月)
『お話で育む子どもの心』(東京書籍、2013年7月) ※監修
『おぎ・もぎ対談 「個」育て論』(青灯社、2013年9月) ※茂木健一郎氏と共著
『いじめ問題をどう克服するか』(岩波新書 2013年11月)
『尾木ママの育児ってじつはカンタンよ!』(主婦の友社 2013年11月)
『小学百科大事典 きっずジャポニカ 新版』(小学館 2013年11月) ※監修
『尾木ママの女の子相談室(1)なりたいわたしになるっ!』(ポプラ社、2013年12月) ※文、監修
『尾木ママの10代の子をもつ親に伝えたいこと』(PHP文庫、2014年4月)
『尾木ママの女の子相談室(2)スッキリ解決☆友だちの悩み』(ポプラ社 2014年6月) ※文、監修
『尾木ママの子どもを伸ばす言葉 ダメにする言葉』(成美堂 2014年6月)
『尾木ママの幸せ孫育てアドバイス』(学研パブリッシング 2014年8月)
『教師の本分 生徒とわが子の入学式、どっちが大事か?』(毎日新聞社 2014年8月)
『親子共依存』(ポプラ社 2015年2月)
『おしえて尾木ママ! 最新SNSの心得』全3巻(ポプラ社 2015年4月)※監修
『尾木ママの7つの人生力 ありのままに、今を輝かせる力』(海竜社 2015年6月)
『尾木ママ流叱らない子育て』(KADOKAWA 2015年11月)
『尾木ママ流凹まない生き方』(KADOKAWA 2016年5月)
『尾木ママの思春期の「子どもと向き合う」すごいコツ』(講談社文庫 2016年8月)
『しつけない道徳』(主婦と生活社 2016年9月)
『尾木ママの叱らずしつけ21のコツ』(主婦の友社 2016年9月)
『本物の学力・人間力がつく尾木ママ流自然教育論』(山と渓谷社 2016年11月)

(2016年12月更新)

新刊情報

160318-0737

尾木ママ

誕生日:
1947年1月3日
血液型:
A型
出身地:
滋賀県
現在の住まい:
東京
職業:
教育評論家、大学教授
臨床教育研究所「虹」所長
出演番組:
NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」
(金曜21:30~21:54放送 ※MC)

>>詳しくはこちら

 

ファンレターの宛先はこちら

〒104-8357
東京都中央区京橋3-5-7
株式会社主婦と生活社
『週刊女性』編集部 書籍班
 尾木ママ・ファンレター係

ご相談・カウンセリングについて

原則としてメールやお電話での相談対応・カウンセリング等は行っておりません。面談につきましても、現在は業務をお休みさせていただいております。ご了承ください。